ゴールドマンサックスがビットコインを含めた金融商品を2021年第2四半期に提供開始か

ゴールドマンサックスがビットコインを含めた金融商品を2021年第2四半期に提供開始か

ゴールドマン・サックスがビットコインやその他のデジタル資産を対象とした初の投資商品を、同社のプライベート・ウェルス・マネジメント・グループの顧客へ2021年第2四半期中に提供開始するとCNBCが報道した。

ゴールドマンサックスのプライベート・ウェルス・マネジメント部門のデジタル資産グローバルヘッドのメアリー・リッチ氏は「私たちは、プライベートウェルスの顧客に、エコシステムへの思慮深く適切なアクセスを提供する方法を検討するために、ゴールドマンサックス全体のチームと緊密に協力しており、これは近いうちに提供できると期待しています。

ゴールドマンサックスは、最終的には、ビットコインやデジタル資産へのフルスペクトラムの投資を提供することを検討しており、それが現物ビットコインであれ、デリバティブであれ、伝統的な投資手段であれ、なんでもです」とCNBCの取材に答えている。

またメアリー・リッチ氏は「この資産をインフレに対するヘッジとして期待する顧客がおり、過去1年間のマクロ的な背景がそれに拍車をかけました。またある意味では新しいインターネットの幕開けを感じ、この分野に参加する方法を探しているお客様も大勢いらっしゃいます」と答えている。

さらにメアリー・リッチ氏は「ビットコインなどのエコシステムはまだ始まったばかりで、どのように進化していくのか、どのような形になるのかは誰にもわかりません。

しかし、このエコシステムが私たちの未来の一部になると考えることは、かなり確かなことだと思います」と答えた。

編集部のコメント

またCNBCの記事で、暗号資産会社Galaxy DigitalのCEO兼創業者であるマイク・ノボグラッツ氏は「ビットコインの時価総額や取引量は、1年ほど前までは大手金融機関が関与するほどの規模ではなかったです」と答えています。

つまり2020年から2021年にかけて、ビットコインなどデジタル資産に対する市場変化が著しく大きかったのだと考えられます。

参考:cnbc

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStokcs/LongQuattro・Abscent84)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で、デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定、米共和党、暗号資産での政治献金可能へ、アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携、チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か、PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM、世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に、CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表、ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携、マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ、露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。