ギャラクシー・デジタル、ソラナを対象とするインデックスファンド立ち上げ

ギャラクシー・デジタル、ソラナのインデックスファンド立ち上げ

デジタル資産管理会社ギャラクシー・デジタル・ホールディングス(Galaxy Digital Holdings)がソラナ(Solana)を対象とする機関投資家向けインデックスファンドを立ち上げたことを12月15日に発表した。

今回ギャラクシー・デジタルが立ち上げたファンドの名称は「ギャラクシー・ソラナ・ファンド(Galaxy Solana Funds)」であり、同ファンドはソラナを対象とするインデックスである「ブルームバーグ・ギャラクシー・ソラナ・インデックス(Bloomberg Galaxy Solana Index)」のパフォーマンスを追跡することを目指すとのことだ。

このインデックスはギャラクシー・デジタルとブルームバーグがソラナのパフォーマンスを測定することを目的として共同で開発したものであり、今年11月から提供が開始されている。

ブルームバーグのマルチアセットインデックス事業のグローバル製品責任者であるアラン・キャンベル(Alan Campbell)氏は以下のようにコメントしている。

「当社は常に進化し続ける暗号資産市場の機会を探しており、ソラナがこの分野で急速に成長していることは明らかです。この新しいインデックスは、積極的な機関投資家市場に接触する新たな機会であり、ギャラクシー・デジタルのような業界リーダーと密接に協力して暗号資産の有用性を拡大できることに興奮しています」

ギャラクシー・デジタルのアセットマネジメント部門のグローバル責任者であるスティーブ・カーズ(Steve Kurz)氏は以下のようにコメントしている。

「クリプトエコノミーは刺激的な成長軌道にあり、私たちは機関投資家向けのデジタル資産へのアクセスを提供するために、当社の商品群を地道に拡大させています。ソラナは説得力のあるユースケースと強力な技術的基盤を持ち、暗号資産投資家の関心を高めています」

関連ニュース 

ソラナ(Solana)が170億円規模のファンド立ち上げ、NFTゲーム企業らと共同で

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【1/20の話題】ビットポイントでディープコイン(DEP)上場、米個人年金積立で暗号資産購など(音声ニュース)

国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ、米個人年金積立で暗号資産購入、iTrustCapitalが約143億円調達、LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表、米銀行ら発行のステーブルコイン「USDF」、銀行間送金に成功、米コインベースにShping Coin(SHPING)上場、アスター(ASTR)、クーコインに上場、FTXでPsyOptions(PSY)上場へ、OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収、全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース、コインハイブ事件、最高裁で逆転無罪に、南葛SCとSHIBUYA CITY FC、選手報酬一部をトークンで。南葛は稲本潤一選手も入団でホルダーに、バスケB3リーグ「鹿児島レブナイズ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored