バイナンスが英国ユーザーの一部の取引を制限

バイナンスが英国ユーザーの一部の取引を制限

大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)が英国ユーザーに対して、一部の取引へのアクセスを制限する旨の通知を送信したことが12月14日に明らかになった。

米CoinDeskが入手した通知によると、バイナンスは英国の金融規制を遵守するために、英国ユーザーによる一部の取引を制限しているとのこと。アクセスが制限される取引は先物、証拠金、オプションなどのいわゆるデリバティブと呼ばれる商品の取引となっている。

この制限が適用されるのは2021年12月14日以前にバイナンスに登録したユーザーであり、制限された商品へのアクセスを取り戻すためには2022年2月14日までに追加情報を提出する必要があるとのことだ。

バイナンスは今年6月に英国の金融規制当局であるFCA(金融行動監視機構)からサービス停止通知を受けている。

さらにバイナンスは今年9月にシンガポールのユーザーへのサービス停止を発表し、10月に南アフリカ共和国、中国本土のユーザーへのサービス停止を発表している。

関連ニュース

イギリス金融規制当局、バイナンスにサービス停止通知

バイナンス、中国元の取扱廃止と中国での取引サービス停止

バイナンス、「Binance. com」の南アフリカでの一部サービス停止

バイナンス、「Binance. com」のシンガポールでの一部サービス停止を追加

参考:米コインデスク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ