ゴールドマンサックスCEO、米国のデジタル通貨規制は「大きな進展」を経験するだろう

ゴールドマンサックスCEO、米国のデジタル通貨規制について発言

米大手投資銀行ゴールドマン・サックスのCEOであるデビッド・ソロモン(David Solomon)氏が、米国のビットコイン、デジタル通貨に関する規制について「大きな進展を経験するだろうとCNBCの経済番組Squawk Boxのインタビューに対し発言した。

規制に関する質問に対し、「ここは凄まじい進展が起こっている業界だと私は思います。私たちが顧客に対応しようとしている分野でもあると思います。今後数年のうちにこの分野は大きな進展を迎えると私は思います」と回答した。

さらにソロモン氏は「今のルールで今後数年間活動をしていく中で、規制されている金融機関のルールがどうなっていくのかを推測するつもりはありません」「しかし私たちは今後も顧客にサービスを提供する方法を模索していきたいと思います」と答えている。

編集部のコメント

ゴールドマン・サックスは今年に入り、暗号資産(仮想通貨)のカストディサービス提供に向け検討していることが報じられ、3月にはビットコイン先物取引などをアメリカで再開に向けた動向の報道や、ビットコイン価格に関連しうる仕組債「autocallable contingent coupon ETF-linked notes due 2026」を約17億円(1,570万ドル)で募集する予定であることが米証券取引委員会(SEC)へ提出した書類によって明らかになっています

またゴールドマン・サックスは先日4月1日にもビットコインやその他のデジタル資産を対象とした初の投資商品を、同社のプライベート・ウェルス・マネジメント・グループの顧客へ2021年第2四半期中に提供開始するとCNBCが報道していました。

しかし現在までに具体的な続報がない状況であり、ゴールドマン・サックスの動向は依然注目されています。

今回の番組内でのインタビューのなかでも、ゴールドマンサックスの暗号資産に関する報道があったと説明をした上で、同社の現在の暗号資産の取り組みに関する質問が行われました。

しかしそれに対しソロモン氏は「デジタル通貨とお金のデジタル化について、非常に積極的かつ前向きに考え続けています」と話し、具体的な取り組みについては明言を避けています。

(images:iStock/LongQuattro・SiberianArt

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。