上場控えたコインベースの四半期総収益が約1,970億円、2021年1Q決算資料公開

上場控えたコインベースの四半期総収益が約1,970億円、2021年1Q決算資料公開

コインベースが2021年度第1四半期の決算資料を公開した。第1四半期は2021年1月1日から3月31日まで。

それによると同社の2021年第1四半期の総収益は推定1,970億円(18億ドル)、支払利息、税金、減価償却費を控除後の利益(EBITDA)は推定1,200億円(11億ドル)、当期純利益は推定801億円(7億3,000万ドル)となっている。ちなみに2020年の総収益合計が約1,210億円であったので、すでに2021年第1四半期で2020年全体総収益の約61%に達している。

また推定の検証済登録ユーザー数は5,600万人、平均月間ユーザー数は610万人、そして取引量は推定37兆円(3,350億ドル)となっている。

またコインベースは資料で4つの主要なビジネス指標を説明した。その4つとは、プラットフォーム上の資産(Assets on Platform)、月間トランザクティング・ユーザー数(MTUs)、取引量(Trading Volume)、検証済ユーザー数(Verified Users)である。

プラットフォーム上の資産とは、コインベースのカストディサービスを含むプラットフォーム上のデジタルウォレットで保有または管理されている法定通貨および暗号資産の米ドル換算額の合計と定義し、測定日の市場価格に基づいて算出される指標。

月間トランザクティング・ユーザー数とは、決算のための測定期間中28日間のうちにコインベースのプラットフォーム上で1つ以上の商品について能動的または受動的な取引を少なくとも1回行った個人投資家の数。

取引量とは、決算のための測定期間中にコインベースのプラットフォームを通じて買い手と売り手の間で取引されたマッチした取引の米ドル換算額の合計と定義されていて、取引高は取引された資産の量と取引が成立した時点での取引価格の積で表される。

認証されたユーザー 検証済みユーザーとは、決算のための測定期間中にコインベースのプラットフォームにアカウントを登録し、メールアドレスまたは電話番号のいずれかを確認、またはコインベースのノンカストディアルウォレットアプリケーションにユーザー名でアカウントを開設したすべてのリテールユーザー、機関投資家、エコシステムパートナーを表している。

そしてコインベースは暗号資産の価格サイクルについて「暗号資産市場では、2010年以降、通常2年から4年の期間で4つの主要な価格サイクルが観測されています。

これらの価格サイクルでは、平均して、暗号資産市場全体の資本金が前回のサイクルよりも大幅に増加し、暗号資産経済に新しいユーザーを引き付けてきました。

このような価格サイクルは非常に変動しやすいため、当社では四半期ごとの業績ではなく、価格サイクルで業績を測定しています。当社は、こうした価格サイクルを通じて長期的な価値を創造できると考えています」と説明している。

そしてコインベースは今後の諸費用に関して「2021年第2四半期には、当社の直接上場に関連する一時的な費用として約37億円(約3,500万ドル)を見込んでいます。

2021年通年では事業規模を拡大し、製品イノベーションを継続的に推進するために株式ベースの報酬を除く技術・開発費および一般管理費を約1,500億円(13億ドル)から約1,800億円(16億ドル)と見込んでいます」と説明している。

参考:coinbase

(images:iStock/pgraphis)

Amazon audible で全編を聴く

全編は「Amazon audible」で。audible月額会員の方は無料でお聴きいただけます。

→全編を聴く

→その他のAmazon audible「あたらしい経済シリーズ」はこちら

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。