ウクライナが暗号資産寄付者へエアドロップ発表、イーサ寄付が急増

ウクライナが暗号資産寄付者へエアドロップ発表、イーサ寄付が急増

ウクライナ政府の公式ツイッターアカウントが、暗号資産での寄付者に対して、エアドロップを行うことが3月2日に分かった。エアドロップの対象となる寄付者は、3月3日の午後6時(キエフ時間)までに寄付を行なった者とのことだ。

ただ現時点では、具体的に何が対象者にエアドロップされるかは明示されていない。

現在、寄付の対応通貨は、BTC、ETH、USDT、DOT、SOLなど。またDeFi(分散型金融)プロトコルのユニスワップ(Uniswap)は、どんなERC20トークンでも寄付できるインターフェースを作成したことも話題となった。

なおウクライナ政府が寄付者に対するエアドロップ発表後から、イーサリアムのイーサ(ETH)の寄付者が急増している。ブロックチェーン分析サイトのドゥーンアナリティクス(Dune Analytics)によると、発表前1時間の約9ETHの寄付から、次の1時間で約243ETHに増加、その後も100ETHを超える寄付が続いている。

参考:ウクライナ政府
images:iStocks/Rawpixel・BSVIT・daboost
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored