ウクライナが暗号資産寄付者へエアドロップ発表、イーサ寄付が急増

ウクライナが暗号資産寄付者へエアドロップ発表、イーサ寄付が急増

ウクライナ政府の公式ツイッターアカウントが、暗号資産での寄付者に対して、エアドロップを行うことが3月2日に分かった。エアドロップの対象となる寄付者は、3月3日の午後6時(キエフ時間)までに寄付を行なった者とのことだ。

ただ現時点では、具体的に何が対象者にエアドロップされるかは明示されていない。

現在、寄付の対応通貨は、BTC、ETH、USDT、DOT、SOLなど。またDeFi(分散型金融)プロトコルのユニスワップ(Uniswap)は、どんなERC20トークンでも寄付できるインターフェースを作成したことも話題となった。

なおウクライナ政府が寄付者に対するエアドロップ発表後から、イーサリアムのイーサ(ETH)の寄付者が急増している。ブロックチェーン分析サイトのドゥーンアナリティクス(Dune Analytics)によると、発表前1時間の約9ETHの寄付から、次の1時間で約243ETHに増加、その後も100ETHを超える寄付が続いている。

参考:ウクライナ政府
images:iStocks/Rawpixel・BSVIT・daboost
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ