ウクライナが暗号資産寄付者へエアドロップ発表、イーサ寄付が急増

ウクライナが暗号資産寄付者へエアドロップ発表、イーサ寄付が急増

ウクライナ政府の公式ツイッターアカウントが、暗号資産での寄付者に対して、エアドロップを行うことが3月2日に分かった。エアドロップの対象となる寄付者は、3月3日の午後6時(キエフ時間)までに寄付を行なった者とのことだ。

ただ現時点では、具体的に何が対象者にエアドロップされるかは明示されていない。

現在、寄付の対応通貨は、BTC、ETH、USDT、DOT、SOLなど。またDeFi(分散型金融)プロトコルのユニスワップ(Uniswap)は、どんなERC20トークンでも寄付できるインターフェースを作成したことも話題となった。

なおウクライナ政府が寄付者に対するエアドロップ発表後から、イーサリアムのイーサ(ETH)の寄付者が急増している。ブロックチェーン分析サイトのドゥーンアナリティクス(Dune Analytics)によると、発表前1時間の約9ETHの寄付から、次の1時間で約243ETHに増加、その後も100ETHを超える寄付が続いている。

参考:ウクライナ政府
images:iStocks/Rawpixel・BSVIT・daboost
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored