セキュリタイズが米トップ10の証券代行業者に、パシフィックストックトランスファー買収

セキュリタイズが米トップ10の証券代行業者に

大手デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が、米国の証券代行業者であるパシフィック・ストック・トランスファー(Pacific Stock Transfar:PST)の買収を発表した。

証券代行業者とは、投資家の口座開設や名義人管理、配当金の支払いなどといった株式の発行と流通にまつわるバックオフィス業務を担う業者のことだ。 

セキュリタイズは今回の買収により、顧客数を6倍、投資家口座数を3倍に増加させ、米国内でトップ10の証券代行業者へと規模を拡大させたとのことだ。また、大手証券代行業者のうち株式をデジタルで発行・管理できる業者はセキュリタイズのみとのこと。

今回の買収で今後セキュリタイズは、より多くの顧客にブロックチェーンを基盤としたデジタル証券サービスを提供できるようになるとのこと。

またそれにより、これまでのような規制や法律が絡んだ複雑なプロセスをデジタル化し、企業とその株主にとってより経済的でスムーズな体験の提供を拡大できるようになるとのことだ。

なお、PSTの既存業務についてはこれまでと同様のブランドとサービスを継続するとのこと。したがってPSTの顧客はこれまでのサービスを損なうことなく、セキュリタイズのサービスを追加的に受けられるようになる。

今回の買収についてセキュリタイズのCEOカルロス・ドミンゴ(Carlos Domingo)氏は次のようにコメントしている。

「今回の買収により、セキュリタイズはより多くの企業に株式のデジタル化という価値を届けやすくなります。金融業界全般にとっても、紙による手続きをデジタルネイティブなものに変えていく『ブロックチェーンによる橋渡し』となるでしょう。」

またPSTのCOOビリー・ミラー(Billy Miller)氏は次のようにコメントしている。

「38年以上もの間、PSTはほとんどの人が耳にすることのない存在でしたが、株式の発行から所有権の追跡、議決権行使、税務、開示など、企業や株主が株式を所有・取引するために必要な多くの重要な業務を担ってきました。(中略)ブロックチェーンベースの管理を活用することで、顧客とその株主に対して、さらに改善されたサービスを今後提供することが可能になります。」

セキュリタイズは2019年に証券代行業者として登録され、これまでに200以上の企業の資金調達や株式のデジタル化を支援している。さらに2021年9月には投資家に対してプライベート資本市場へのアクセスを提供する「セキュリタイズ・マーケット」の開始、12月には適格投資家に向けたトークン化ファンドの立ち上げなど、投資家向けのサービスも幅広く提供している。

関連ニュース

セキュリタイズ、S&Pインデックス追跡のトークン化ファンド立ち上げ

未上場株や不動産などデジタル証券化、米セキュリタイズがマーケットサービス提供

デジタル証券のセキュリタイズ、9月よりSaaS型不動産クラウドファンディングサービス提供開始へ

セキュリタイズ、NTTデータや三井住友信託銀行らから約52億円を調達

 米チェイナリシス、政府機関コンサルのアバックス買収

https://www.neweconomy.jp/posts/189096

参考:Securitize
images:iStocks/royyimzy・shironosov
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も