アスター(ASTR)、クーコインに上場

クーコイン、ASTR上場

暗号資産アスター:Astar(ASTR:アスター)が、暗号資産取引所クーコイン(KuCoin)に上場することが1月19日分かった。

アスターはステイクテクノロジーズが開発するブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」のトークンだ。アスターネットワークはポルカドット(Polkadot)のパラチェーンであり、17日にメインネットローンチをしたばかり。

ローンチに際し、暗号資産(仮想通貨)取引所のフォビグローバル(Huobi Global)、OKEx(オーケーイーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)でアスターは上場しており、今回の上場で公式では5取引所目となった。

発表によるとクーコインでの取引ペアはASTR/USDT、ASTR/BTCとなっており、1月20日9:00(UTC:世界協定時)より取り扱いを開始する。また入金は既に可能となっており、引き出しについては1月21日10:00(UTC:世界協定時)からとなっている。

アスターネットワークとは

アスターネットワークは、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すプロジェクトであるポルカドット(Polkadot)のパラチェーンとして昨年12月に接続が完了したブロックチェーンだ。

ポルカドットは中心的な機能を果たすリレーチェーンと、そのリレーチェーンに接続される個別のブロックチェーンであるパラチェーンによって構成されている。

ポルカドットリレーチェーンでは、スマートコントラクトをサポートしていない為、アスターはポルカドットへEVM(イーサリアムバーチャルマシン)やWASM(ウェブアッセンブリ)を提供することで、複数のブロックチェーンをサポートするマルチチェーンスマートコントラクトプラットフォームを目指している。

なおアスターネットワークの開発をリードするステイクテクノロジーズは、日本人起業家の渡辺創太氏がCEOを務めているシンガポール拠点の企業だ。

関連ニュース

アスター(ASTR)、クラーケングローバルに上場。ローンチ後4取引所目

アスターネットワークがメインネットローンチ、 OKExとゲートでも「ASTR」上場

ステイクのアスターネットワーク「ASTR」、フォビグローバルに本日上場

ポルカドット、パラチェーン稼働開始。日本発「Astar Network」ら5プロジェクトが接続

【解説動画】アスターネットワーク(ASTR)とは?(ステイクテクノロジーズ 渡辺創太氏)

参考:クーコインTwitter
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored