ステイクのアスターネットワーク「ASTR」、フォビグローバルに本日上場

ASTRがフォビグローバルに上場へ

ステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が開発を主導する、日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」のトークン「ASTR」が、暗号資産(仮想通貨)取引所フォビグローバル(Huobi Global)に上場することが分かった。

発表によるとASTR取引は、USDTとの現物取引ペアにて流動性条件が満たされ次第、開始するとのこと。

なお入金については1月17日の13:00(世界協定時:UTC)より開始するとのこと。また引き出しは18日の13:00より開始される予定だ。

フォビグローバルでのASTRの取り扱いはID確認が必要なパイオニアゾーンで行われる。こちらでは日本を始め、米国、イラン、中国などの居住者は、サービス対象外となっている。

アスターネットワークは、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すプロジェクトであるポルカドット(Polkadot)のパラチェーンとして昨年12月に接続が完了したブロックチェーンだ。

ポルカドットは中心的な機能を果たすリレーチェーンと、そのリレーチェーンに接続される個別のブロックチェーンであるパラチェーンによって構成されている。ポルカドットリレーチェーンでは、スマートコントラクトをサポートしていない為、アスターはポルカドットへEVM(イーサリアムバーチャルマシン)やWASM(ウェブアッセンブリ)を提供することで、複数のブロックチェーンをサポートするマルチチェーンスマートコントラクトプラットフォームを目指している。

ステイクテクノロジーズのCEO渡辺創太氏によると、アスターネットワークは本日1月17日にローンチの予定とのこと。渡辺氏は「2年半開発してきただけに感慨深いです。ローンチ後も諸々ニュース仕込んでます(一部抜粋)」と自身のTwitterでコメントしている。

またアスターネットワークはローンチに合わせ、今後のロードマップの公開や、ポルカドット接続をかけたパラチェーンオークションのクラウドローン参加者に対しASTRの配布を行った。

また先日発表されたアスターネットワーク(Astar Network)上のネイティブDEX(分散型取引所)「アーススワップ(ArthSwap)」も今月中にローンチする予定だ。

関連ニュース

ステイクのアスター(ASTR)上に、ネイティブDEX「Arthswap」がローンチへ

ポルカドット、パラチェーン稼働開始。日本発「Astar Network」ら5プロジェクトが接続

【取材】日本発「Astar Network」が約425億円のDOTを集め、ポルカドット接続枠獲得

【取材】ステイクが約33億円規模のファンド、開発者支援でアスターと紫電のエコシステム拡⼤目指す

参考:フォビグローバル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ