Blockchain .com、オールインワンのNFTマーケットプレイス提供へ

Blockchain .com、独自NFTマーケットプレイス提供開始へ

暗号資産(仮想通貨)取引所やウォレットなどを提供するブロックチェーンドットコム(Blockchain.com)が、独自NFTマーケットプレイスを提供開始することが12月3日分かった。

同社はNFTに関して「暗号通貨が初期に直面したのと同じ課題の多く、現状のNFTマーケットヘのアクセスの煩雑さ、直感的ではない仕組みが課題」だとしている。そしてそれらの課題を解決するため、暗号資産取引所とWeb3ウォレット、マーケットプレイスの3つがオールインワンになったサービスの展開を予定しているようだ。

同社は「暗号市場にアクセスするのと同じくらい簡単にNFT市場にアクセスできるようにしたい」と発表している。

今後数週間のうちにブロックチェーンドットコムのウォレットを利用して、NFTの購入や販売、保管ができるようになると発表されており、現在「Blockchain.com NFT」β版リリースに向けウェイティングリストが公開されている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

米コインベースがNFT参入、マーケットプレイス「Coinbase NFT」年内開始 

「FTX. US」、ソラナ(Solana)基盤のNFTマーケットプレイスをローンチ。今後イーサリアムも対応 

Reddit、独自NFTマーケットプレイス開発か

【取材】コインジンジャ、NFTマーケットプレイス「tofuNFT」の日本展開開始へ 

参考:ブロックチェーンドットコムウェイトリスト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・Adrian-Vidal

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察