【取材】コインジンジャ、NFTマーケットプレイス「tofuNFT」の日本展開開始へ

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」の日本展開開始へ

暗号資産価格掲載アプリ「コイン相場」を提供するコインジンジャ(COINJINJA)がNFTマーケット「tofuNFT」の日本展開を開始することを11月24日に発表した。

これまで「tofuNFT」はバイナンス・スマートチェーン(BSC)およびポリゴン(Polygon)に対応してきた。

発表によれば「tofuNFT」は、運営開始3ヶ月で月間取扱高10億円を超え、BSC上で最も出来高のあるNFT Marketとなっていたとのことだ。

また対応チェーンの拡大も発表しており、「tofuNFT」はEthereum、Avalanche、Fantom、Astar(Polkadot)などEVMに互換のある各種チェーン、ArbitrumなどのLayer2に随時対応していく予定とのことだ。

さらに日本展開に際して、コインジンジャはブロックチェーンゲーム開発のdouble jump.tokyoの運営するNFT/ブロックチェーンゲーム事業支援サービス「NFTPLUS(旧MCH+)」の参画ゲームタイトルと提携することも発表した。

なおNFTエアドロップが 「My Crypto Heroes」、「My Crypto Saga」、「BRAVE FRONTIER HEROES」、「CryptoSpells」、「CHOJO」、「Contract Servant」で 実施される予定になっている。

そしてコインジンジャは日本のNFTアーティスト「おにぎりまん」とのコラボNFT「Tokyo Pop Girls Collection」を12月3日20時から発売開始するとのことだ。販売価格は0.2BNBとのことだ。

COINJINJA株式会社のCo-founder沼崎悠氏へ取材

あたらしい経済編集部はCOINJINJA株式会社のCo-founder&COOの沼崎悠氏へ取材を行った。

−BSCでNFTマーケットプレイスを運営し、他のチェーンと比較して、どのような気づきがありますか?

大きな発見としては、比較的可処分所得が低そうな東南アジアや南米のユーザーが多くいることです。Ethereum上のNFTはある程度の資産が無いと手が出しにくいものになっていますが、ガス代が安いチェーンでは別のユーザー層が存在し、かなりの熱量を持っています。

特にGameなど敷居が低いコンテンツが充実してくると、今は存在していないように思われている市場が大きく伸びる可能性がかなりあると見ています。

−DeFiではなく、NFTサービスを展開しようと考えた理由はなんでしょうか?

BSCでサービスを展開していると、DeFiとNFTは極めて近しい関係にあります。上位のAMMはNFTを自分で出したり、競合となるNFT Marketを最近始めた所もいくつかあります。

DeFi or NFTという感覚では無く、両者はかなり短い時間軸で密接に関連する要素になるので、DeFiサービスのスタート地点としてNFT Marketを運営しているという感覚でいます。

オフチェーンへの対応を全く考えていないのも、こういった所に理由があるのかもしれません。

参考:COINJINJA

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した