GIVENCHY、22年春のコレクション記念にNFTリリース

ファッションブランドのGIVENCHY、NFTリリース

フランスの高級ファッションブランド「ジバンシー(GIVENCHY)」が、メキシコのグラフィックアーティストであるチト(Chito)と連携し、2022年春のコレクションの記念としてNFTをオークション販売することを11月20日に発表した。これらのNFTはポリゴン(Polygon)のブロックチェーン上ですでに作成されている。

今回のNFTコレクションは全15点で、NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)にて11月23日から29日の午後6時(中央ヨーロッパ時間)までの期間にてオークション販売が実施されている。

また今回の販売収益の全額は非営利団体「The Ocean Cleanup(オーシャン・クリーンアップ)」に寄付され、プラスチック汚染の抽出など海洋清掃の技術開発に利用されるようだ。

ジバンシーは今年6月デジタル・コレクティブル・プラットフォームのヴェヴェ(Veve)と連携し、NFT「Pride」を1,952個販売。その収益全額はLGBTQIA+をサポートする組織「Le MAG Jeunes」に寄付された。

昨今、高級ファッションブランドのNFT活用が進んでいる。

9月9日にはドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)が同プランド初の全9点のNFTコレクション「コレツィオーネ・ジェネシ(Collezione Genesi:ジェネシスコレクション)」を販売した。

また10月20日にはジミーチュウ(JIMMY CHOO)が8,888個のNFTミステリー・ボックスとオークションにて1個限定のNFTを販売した。その他、ルイ・ヴィトンやバーバリーなどのブランドも今年NFT領域に積極的に進出している。

関連ニュース

ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション

ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも

バーバリーのNFT、ブロックチェーンゲーム内で販売

ファッション業界のブロックチェーン活用、偽造品対策やエシカル消費への取り組み

参考:ジバンシー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SCQBJ-JZ・Kateryna-Bereziuk

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ