ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認

ビットコイン先物ETF、米国で3例目の承認

米投資会社ヴァルキリー・インベストメント(Valkyrie Investments)のビットコイン先物ETF(上場投資信託)がSEC(米証券取引委員会)に10月21日承認された。プロシェアーズ(ProShares)、ヴァンエック(VanEck)に続き、米国において3例目のビットコイン先物ETF承認となった。

今回承認された「ヴァルキリー・ビットコイン・ストラテジーETF(ValkyrieBitcoin Strategy ETF)」の目論見書によると、同ETFは10月22日21:00(日本時間)よりナスダックにて取り扱いが開始される予定。なおヴァルキリーのウェブサイトでは同ETF取引開始までのカウントダウンが行われている。

米国では19日より初のビットコイン先物ETF「プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジー(ProShares Bitcoin Strategy ETF:BITO)」がNYSEアーカ(Arca)取引所で取引開始された。初日に5億7,000万ドル(約650億円)を集め、売買代金は10億ドル(約1,141億円)を超えており、今まで取引されたETFにおいて、初日の出来高は歴代2位を記録。好スタートをみせている。

また米国2例目の承認となった、ヴァンエックの「ビットコイン・ストラテジー・ETF(Bitcoin Strategy ETF:XBTF)」は早ければ25日からシカゴ・オプション取引所(Cboe)が運営するBZX取引所で取引が開始される予定だ。

さらに米国で初のビットコイン先物ETFが承認されたことを受け、大手暗号資産(仮想通貨)運用会社グレースケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)が、同社の投資信託である「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を上場投資信託(ETF)に転換する申請を行う動きを見せている。このETFが承認されれば米国初のビットコイン「現物」ETFの事例となる。

関連ニュース

米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇

VanEckのビットコイン先物ETFをSECが承認、来週から取引開始か

次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請

参考:SEC資料
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・kieferpix

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。