VanEckのビットコイン先物ETFをSECが承認、来週から取引開始か

VanEckのビットコイン先物ETFをSECが承認

米資産運用会社ヴァンエック(VanEck)が申請するビットコイン先物ETF(上場投資信託)「ビットコイン・ストラテジー・ETF(Bitcoin Strategy ETF)」が、米国証券取引委員会(SEC)からの承認を受け、早ければ10月25日から取引が開始される可能性があることが明らかになった。

ヴァンエックが10月20日にSECに提出した、このETFに関する書類の発効日は10月23日土曜日となっており、公募日は「本書類の発効日後、実務上可能な限り速やかに」と記載されている。つまり、早ければ25日月曜日からシカゴ・オプション取引所(Cboe)が運営するBZX取引所で取引が開始されることになる。

なお「ビットコイン・ストラテジー・ETF」の投資先については、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)に直接投資するのではなく、米国のシカゴ・マーカンタイル取引所などに上場されているビットコイン先物に投資することで、ETFの投資成果をビットコイン先物価格と連動させることを目指すとのことだ。

米国で承認されたビットコイン先物ETFは、19日にニューヨーク証券取引所への上場が行われたプロシェアーズ(ProShares)のビットコイン先物ETFに続き2件目となる。

なおヴァンエックは2020年12月にビットコイン現物ETFをSECに申請したが、三度の回答延期を受けており、SECからの最終回答を11月に控えている。

関連ニュース

米SECがVanEckビットコインETF承認再延期、最終回答は11月に

米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/KrulUA・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。