米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表

米オスプレイ、ポリゴンの投資信託発表

米デジタル資産管理会社オスプレイ・ファンズ(Osprey Funds)が、イーサリアムのレイヤー2ソリューションのポリゴン(Polygon)を投資対象とする投資信託を立ち上げることを9月21日に発表した。

今回発表された「オスプレイ・ポリゴン・トラスト」はポリゴンネットワークのネイティブトークンであるMATICにのみ投資する、米国初の投資信託になるとのこと。

オスプレイはこれまでにも「オスプレイ・ビットコイン・トラスト」や「オスプレイ・ポルカドット・トラスト」など暗号資産関連の投資信託を複数販売しており、今回のオスプレイ・ポリゴン・トラストで5種類目となる。

オスプレイのCEOであるグレッグ・キング(Greg King)氏は以下のようにコメントしている。

「ポリゴンは、イーサリアムの安全なネットワークを利用しながら、高いガス料金や遅いトランザクションなど、ブロックチェーンの一般的な問題を軽減する、破壊的なレイヤー2ソリューションです。オスプレイ・ポリゴン・トラストを通じて、成長するイーサリアム市場に参入する新たな方法を投資家に提供できることを嬉しく思います」

オスプレイ・ポリゴン・トラストは適格投資家を対象に最低投資額100万ドルで販売される予定とのことだ。

なお現在ポリゴンは、イーサリアムに比べガス代(取引等手数料)が安価なことから、DeFi(分散型金融)やNFTのミント先としての活用事例が多く見られるブロックチェーンだ。 またポリゴンネットワークのネイティブトークンMATICは、現在日本の暗号資産取引所では取り扱われていない。

参考:Osprey Funds
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ClusterX・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース