「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定

福岡県ブロックチェーンフォーラムが11月15日開催

「福岡県ブロックチェーンフォーラム」が11月15日に開催することが発表された。主催は福岡県及び、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議、共催は福岡県飯塚市だ。

このフォーラムは昨年8月に福岡県飯塚市「嘉穂劇場」で開催され、今年で2回目となる。

今年のフォーラムは11月15日の14:00~16:20にて定員150名でグランドハイアット福岡で開催され、またフォーラムの模様はオンラインでもライブ配信される。なお参加費は共に無料だ。

今回のフォーラムでは「ブロックチェーン×アート(NFT)」と「ブロックチェーン×食品(トレーサビリティー)」の2つのテーマを軸にセッションが実施される予定となっている。

当日は開会挨拶を福岡県知事の服部誠太郎氏と飯塚市長の片峯誠氏が行い、「NFTが創る新たな世界 ~デジタルデータ革命「NFT」とは何か~」と題したセッションにはライゾマティクス ファウンダー 真鍋大度氏、ミス・ビットコインこと株式会社グラコネ代表取締役 藤本真衣氏、スタートバーン株式会社代表取締役 施井泰平氏が登壇する。

そして「ブロックチェーンが切り拓く食の安全・安心の実現」には、株式会社chaintope代表取締役CEO 正田英樹氏と「あたらしい経済」編集長の設楽悠介が登壇をする。

なお各セッションの間の休憩時間には、九州工業大学と近畿大学の学生によるブロックチェーンアプリやビジネスモデルのプレゼンテーションが行われる予定だ。

詳細情報やお申し込み

本フォーラムの詳細なタイムスケジュールや参加申し込みは以下ページから

http://www.digitalfukuoka.jp/events/247

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Rawpixel・Rick_Jo

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。