横浜の「動くガンダム」、ブロックチェーン証明の再エネで稼働

横浜の「動くガンダム」、ブロックチェーン証明の再エネで稼働

神奈川県横浜市山下ふ頭の「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」にて展示されている全高18メートルの実物大「動くガンダム」が、ブロックチェーン技術によって再生可能エネルギー(再エネ)であることが証明された電力を利用していることが9月14日分かった。5月より電力供給が実施されているとのこと。

発表によると横浜市風力発電所「ハマウィング」で発電した電力が「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」へ供給される。ブロックチェーン技術を活用したP2P電力トラッキングシステムにより、「ハマウィング」の発電量と供給先の需要量を30分ごとにマッチングさせることで発電所を特定した電力供給が実現しているとのこと。

これにより「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、再エネ100%の電力でCO2排出量ゼロの事業運営を行っていることになるという。

このブロックチェーン活用のP2P電力トラッキングシステムには、みんな電力株式会社が開発・提供している「ENECTION2.0」が採用されている。 このシステムは今年6月時点にて約270の発電所と、約210社の企業において、発電所を指定した電力取引を実現してきたという。なお「ENECTION2.0」にはStellar(ステラ)のパブリックブロックチェーンが使われている。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を運営するバンダイナムコグループでは、2021年4月には脱炭素化社会に向けた目標として「2050年までに自社拠点(社屋、自社工場、直営アミューズメント施設等)におけるエネルギー由来の二酸化炭素排出量 実質ゼロ」を掲げ、目標達成に向けた取り組みを推進しているとのことだ。

関連ニュース

ブロックチェーン活用で「いとうせいこう氏」の発電所でつくった電気が買える、みんな電力が「アーティスト電力」を発表

みんな電力のブロックチェーンシステム活用の電力で作られた日本酒が販売開始

みんな電力がブロックチェーンを活用した電力取引とトレーサビリティシステムに関する特許を取得

みんな電力が電力のブロックチェーントレーサビリティシステムを応用し人権と環境に配慮したバッテリーの開発普及へ

参考:みんな電力
images:みんな電力のプレスリリースより ©創通・サンライズ

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行