OpenSea、社員のNFTに関する不正取引の事実を開示

OpenSea、社員のNFTに関する不正取引の事実を開示

大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、同社社員がNFTの不正取引を行なっていたことを9月15日に発表した。

具体的には、1人の社員がオープンシーのフロントページに公開される予定のNFTを、公開前に購入していたとのことだ。オープンシーとしてはこの問題を非常に深刻に受け止めており、事実関係と取る必要のある追加措置を把握するため、第三者機関を通して徹底的な調査を行なっている最中とのことだ。

この不正を受けて、早急にオープンシーは次の2つの方針を示した。

(1)OpenSeaのチームメンバーは、当社がコレクションまたはクリエイターを特集または宣伝している間(例:ホームページ上で)、コレクションまたはクリエイターから購入または販売することはできません。
(2)OpenSeaチームメンバーは、OpenSeaプラットフォーム上で利用可能か否かにかかわらず、機密情報を使用してNFTを購入または販売することを禁じます。

またブログでは、今後の方針として「クリエイターやコレクターに力を与える、よりオープンな新しいインターネットを実現するためには、私たちの活動のすべてに信頼と透明性を組み込む必要があります。 私たちは、ユーザーのために正しいことを行い、コミュニティからの信頼を取り戻すことを約束します」と説明している。

なおこの不正の事実はTwitterアカウント「@ZuwuTV」氏のイーサリアムのトランザクション調査の結果から明らかになった。

ちなみに「@ZuwuTV」は不正を行なったのはオープンシーのプロダクトトップのネイト・チャステイン(Nate Chastain)氏だとツイートしているが、オープンシー側は該当者の氏名を現在公開していない。

今後オープンシーが事実情報をさらに開示し、対応を進めていくと考えられる。このような不正な取引は、規制等がまだまだ完全ではない暗号資産やNFTにおいて、氷山の一角かもしれない。

このような不正行為に対して、企業や規制機関がどのように対応していくか、注視していきたい。

参考:オープンシー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored