米アブラが約60億円調達、暗号資産の銀行目指す

米アブラが約60億円調達、暗号資産の銀行目指す

暗号資産管理アプリを提供するアブラ(Abra)が、シリーズCラウンドで約60億円(5,500万ドル)調達したことが9月15日に分かった。アブラは2014年創業のシリコンバレーに本社を置く企業。

投資家がスマートフォンアプリで暗号資産の購入・取引・借入などを行い、利息を得られるサービスを提供している。取扱銘柄は、BTC、ETH、LTC、BCH、XLM、TrueUSD(TUSD)、USDT、USDC、Paxos(PAX)の9種類だ。利回り率は最大8%となっている。

今回のシリーズCラウンドはIGNIAとBlockchain Capitalが主導し、Kingsway Capital、Tiga Investments、Stellar Development Foundationなどの新規投資家が参加した。

また既存の投資家からは、Lerer Hippeau Ventures、Amex Ventures、Arbor Ventures、RRE Ventures、CMT Digital Ventures、Kenetic Advisorsなどが追加投資を行なった。

さらにこのラウンドでは複数名の暗号資産投資家も参加したとのことで、その投資家らはアブラのユーザーであるとのことだ。

ちなみに今回のラウンドにより、資金調達総額は約88億円(8,500万ドル)を超えたようだ。アブラは調達した資金を活用して、プロダクト開発チームの拡大して、ウェルスマネジメント、トレーディング、およびペイメントの新しいプロダクトを開発していく予定とのことだ。

なおこの1年間でアブラの収益は10倍以上に増加し、カストディサービスであるAbra TradeとAbra Earnは運用資産残高が1,100億円(10億ドル)になったと発表されている。

アブラの創業者兼最高経営責任者(CEO)のビル・バーヒェット(Bill Barhydt)氏はシリーズCラウンド実施について次のようコメントしている。

「暗号資産、NFT、DeFi は、今やほとんどすべての投資家の頭の中にあります。暗号資産クラスは指数関数的に成長しており、初期の商用インターネットそのものをも凌駕しています。暗号資産中心の銀行業務という当社のビジョンが目の前で実現しつつあり、アブラはこの分野のリーダーとしての役割を果たすことに興奮しています。

アブラのチームが成し遂げたことを誇りに思っており、今後も当社のプラットフォームを拡大し、顧客に信頼され、コンプライアンスに準拠した暗号資産銀行プラットフォームとしてサービスを提供していきたいと考えています」

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Viktoria-Ruban・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored