Datachain、イーサリアムとハイパーレジャーファブリックの相互運用性に関する実証実験開始

Datachain、イーサリアムとハイパーレジャーファブリックの相互運用性に関する実証実験開始

株式会社Datachain(データチェーン)が、イーサリアム(Ethereum)とエンタープライズ向けブロックチェーンであるHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)のインターオペラビリティ実現の為に実証実験を行うことを8月31日発表した。

なおこの実証実験には株式会社NTTデータが技術パートナーとして参加し検証を行うとのこと。両社は今年3月にブロックチェーン間のインターオペラビリティ実現に向け技術連携を開始している。

リリースによると今回の実証実験では「Hyperledger Fabric上のデジタルアセットの権利移転」と「Ethereum上のステーブルコイン(USD Coin:USDCなどのERC20トークン)による支払い」という異なる台帳間の取引の同時実行(DVP決済)を技術的に検証を行うとのこと。

またイーサリアムとHyperledger Fabricの相互接続には、Datachainが開発を主導するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」や「Cross Framework」などを用いることで、CosmosのIBC(Interchain FoundationおよびCosmosプロジェクトによって策定が進んでいる、ブロックチェーン同士の相互運用性を担保するための仕様標準)による仲介者の信頼に依存しない方式でインターオペラビリティを実現するという。

なおDVP(Delivery Versus Payment)決済とは、証券等の権利の引渡し(Delivery)と代金の支払い(Payment)を同時に行うことで、元本リスクを削減する決済手法のことだ。

Datachainは「イーサリアムとHyperledger Fabricのインターオペラビリティ」が、世界的にも新規性の高い取り組みであり、非常に高いニーズが見込まれていると説明。今後はHyperledger Fabric以外の主要エンタープライズ向けブロックチェーンとイーサリアムのインターオペラビリティも実現していくことで、世界中のより多くのプロジェクトへの応用が期待されるとリリースにて解説を行っている。

株式会社Datachainはブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)について積極的に取り組む企業だ。

Datachainが開発を主導するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」では、様々なブロックチェーン基盤においてIBCによるインターオペラビリティを実現するために「IBC Module」などの開発や、特定の中央集権型システムに依存せずに、異なるブロックチェーンに分散したデータの参照や機能の実行を行う「Cross-chain smart contract」の開発を可能にするフレームワーク「Cross Framework」を開発し特許出願も行っている。

関連ニュース

なぜデータの相互運用性が求められるのか インターオペラビリティを実現するDatachain「Cross Framework」とは 

DatachainがNTTデータとブロックチェーン間のインターオペラビリティ実現に向け技術連携 

Datachain、Hyperledger Besu対応のIBCモジュールをOSSとしてリリース

DatachainのインターオペラビリティPJ「YUI」、HyperledgerLabsプロジェクトに 

参考:データチェーン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/klyaksun・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行