DNP、三菱ケミカル、リファインバースがブロックチェーン活用のサプライチェーン構築実証実験

DNP、三菱ケミカル、リファインバースがブロックチェーン活用のサプライチェーン構築実証実験

大日本印刷株式会社(DNP)がブロックチェーン技術を利用した情報管理システムを活用し、バイオマスやリサイクル原料の管理・追跡(トレーサビリティ)や環境負荷の評価指標への対応を含めた、透明性・信頼性の高いサプライチェーン構築について実証試験を行うことを8月25日発表した。

この実証は三菱ケミカル株式会社(MCC)と株式会社リファインバースグループの2社との連携のもと、9月末まで共同で実施される。 情報管理システムには、オランダのサーキュライズ(Circularise)によるサプライチェーン・トレーサビリティシステムが活用される。

このシステムはパブリックブロックチェーンを利用して原料から最終製品まで追跡でき、また独自の暗号化技術により、サプライチェーン内の各企業の機密情報や公開情報を秘匿しながら管理・共有できる。

DNPは、石油由来プラスチックの代替となるバイオマスやリサイクルなどの持続可能な資源を活用していくためには、原材料の使用量などの管理、認証材料などエビデンス管理が重要となるとし、また各サプライヤーのCO2などGHG(温室効果ガス)排出量の可視化や、最終消費者への製品の環境配慮度の見える化も求められていると説明している。

DNP、MCC、リファインバースの3社は今回の実証を通じてバイオマスやリサイクル原料を使用した製品のさらなる高付加価値化や認証材料の管理にも寄与する高いトレーサビリティ精度を有するサプライチェーン構築の有用性を検証していくとのことだ。

なお今回の管理システムに採用されるトレーサビリティ管理プラットフォームを開発したサーキュライズは、今年2月に丸紅株式会社と業務提携契約を契約している。

両社は今後は日本とアジアの化学品市場向けに実証実験を進め、合弁会社設立を視野に入れた事業化を目指していくと発表していた。

昨今、サプライチェーンにおけるトレーサビリティの重要性は増しており、そこにブロックチェーン技術が活用される事例が国内外で多く見られるようになってきた。

IBMのFood Trustは海産物、農産物、オリーブオイルなど多くの食品のサプライチェーンを可視化し、それを基盤に開発されたコーヒー豆のトレーサビリティプラットフォーム「FARMER CONNECT」には伊藤忠商事も参加している。

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol)やアルミニウム、コバルト、雲母などの鉱物を追跡するプラットフォームなど、その業界やジャンルに特化したブロックチェーン基盤の開発も進んでおり、ブロックチェーンのビジネス活用の一つの可能性として期待されている。

関連ニュース

丸紅がアジア市場にトレーサビリティシステム提供のため蘭サーキュライズと業務提携

参考:DNP
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・Sushiman

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した