マイクロストラテジー、新たに約1.7億ドル分のビットコイン追加購入発表

マイクロストラテジー、新たに約1.7億ドル分のビットコイン追加購入発表

米ナスダック上場企業のマイクロストラテジー(MicroStrategy)が新たにビットコインを購入したことを8月24日に発表した。

発表によると、今回購入したビットコインの額は3,907BTCで、合計の金額が1億7,700万ドル(約194億円)、1BTCあたりの購入金額は45,294ドル(約497万円)であったとのこと。なお購入時期は同社の第3四半期の2021年7月1日〜8月23日までの期間と発表されている。 また今回の購入により、同社の保有するビットコインの総額は108,992BTCとなり、1BTCあたりの平均購入額は26,769ドル(約294万円)になるとのことだ。

なお同社によるビットコインの購入は6月21日以来2か月振りとなる。前回の購入は総額4.89億ドル(約540億円)相当になる13,005BTCで、平均取得額は37,617ドル(約414万円)だった。

マイクロストラテジーはビットコイン投資に積極的な企業として知られ、昨年から何度もビットコインの大規模購入を実施している。また今年4月には取締役会の報酬制度を変更され、取締役への報酬をビットコインで支払うことも発表している。

参考:マイクロストラテジー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・ChrisGorgio・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している