【速報】蒼井そら、バイナンスNFTで書道アートをオークション販売。7月22日から

蒼井そら、バイナンスNFTで7月22日よりNFTアートをオークション販売

アジア圏で人気のタレント・歌手の蒼井そら氏の、自身初となるNFTプロジェクト「Sola Aoi First NFT」が7月21日に明らかになった。このNFTプロジェクトの技術サポートをするCryptoGames株式会社のリリースにて発表された。

蒼井そら氏は「NFTを通じ国境を越えた挑戦」をテーマとし、企画・監修に沓名美和 魯迅美術学院教授、企画協力に同道文化株式会社を迎え、大きなキャンバスに書道アートを制作。その書道制作風景を納めた作品がNFTアートとして販売される。

これらのNFT作品は「BinanceNFT」で全3弾に分けて販売され、第1弾となる「空 -sola- 」は2021年7月22日からオークションが開始されるとのことだ。なおオークション開始価格は10,000BUSDとなる。

なおこのNFTに関して公式サイトの規約やリリースには「日本国内居住者へは販売しておりません」と記載されている。

なお今回の販売を記念したNFTアーティストとのコラボレーションNFT作品やスナップコレクションNFTが販売されるとのこと。具体的には初回販売として「Sola Aoi First NFT」、第2弾販売として日本のクリプトアーティストとのコラボNFTが、第3弾として追加の蒼井氏のアート作品が販売される予定だ。

さらに公式サイトでは数量限定レギュラーセールとして、蒼井氏のスナップ写真をベースにした「SnapCollection」も7月22日より販売されることが公開されている。

蒼井そら氏に独占潜入取材

「あたらしい経済」は蒼井そら氏のNFTアート製作現場に潜入取材を行い、アート製作後の蒼井氏と企画・監修の沓名美和 魯迅美術学院教授にインタビューを実施いたしました。ぜひこちらも合わせてお読みください。

→記事はこちら

参考:蒼井そら FirstNFTプロジェクト特設サイト

更新情報 :公式情報に変更があったため、NFT販売に関する記事内の情報を一部最新情報に更新いたしました(2021/7/27)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。