クリプトゲームスのNFTStudio、二次流通機能追加

クリプトゲームスのNFTStudio、二次流通機能追加

ブロックチェーンゲーム・NFTサービス開発のCryptoGames(クリプトゲームス)株式会社が、同社提供のNFTマーケットプレイス「NFTStudio」において二次流通機能の実装を7月21日発表した。

「NFTStudio」はイラスト作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行し、販売を行えるサービスだ。高騰するトランザクション手数料(GAS代)の解決策として、Matic Network社が提供するL2ソリューション、polygon(Matic Network)を採用している。

なお「NFTStudio」では3月のリリース以降、5月にはクリエイター数が1,000人を突破したとのことだ。

今回同サービスに二次流通機能を実装することで、ユーザー同士の売買を通じて、永続的にクリエイターにロイヤリティが還元されるようになったとのこと。

またこの二次流通機能ではNFTの出品時・キャンセル時また金額の変更時にガス代などの手数料がかからない仕様となっており、出品者に負担なく二次流通を行いやすい仕組みとなっているとのことだ。

関連ニュース

CryptoGamesが「NFT Studio」を3月22日リリースへ、polygon採用とクレジットカード決済対応

参考:PRタイムス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Maksim-Tkachenko

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/6話題】ユニスワップのBNB展開にa16zが反対、Starknet Proverがオープンソース化など(音声ニュース)

ユニスワップのBNB展開、UNI大量保有のa16zが反対票投じる、米検察当局、シルバーゲートによるFTXとアラメダとの取引を調査=情報筋、スタークウェア、トランザクション証明技術「Starknet Prover」をオープンソース化、SBI DAHが国内機関投資家向けデジタルアセットカストディ提供へ、英ゾディアとJV設立で、MakerDAO、500万ドル規模の「防衛基金」立ち上げ、OpenSeaが「Drops on OpenSea」のバージョンアップへ、自称ビットコイン開発者クレイグ・ライトの25億ドル訴訟が裁判に

Sponsored