今夜イーロンマスク、ジャックドーシー、キャシーウッドらがイベント「The B Word」に登壇

今夜イーロンマスク、ジャックドーシー、キャシーウッドらがイベント「The B Word」に登壇

日本時間7月22日午前3:00より、テスラ(Tesla)のCEOであるイーロン・マスク(Elon Mask)氏、ツイッター(Twitter)およびスクエア(Square)のCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏、投資運用会社アーク・インベストメント・マネジメント(Ark Investment Management )のCEOであるキャシー・ウッド(Catherine Wood)氏がオンラインカンファレンスに登壇する。

この3名が登壇するオンラインカンファレンス「The B Word」を主催するのは暗号資産(仮想通貨)業界のグローバルアライアンス「Crypto Council for Innovation(CCI)」だ。CCIは「暗号の変革の可能性を示し、その利点を政策立案者、規制当局、世界中の人々に伝えることを使命とする」とした同盟で、メンバーにはフィデリティ(Fidelity)、コインベース(Coinbase)、スクエア(Square)、VCのパラダイム(Paradigm)が参加している。

「The B Word」は米国太平洋標準時:夏時間にて7月21日午前9時(日本時間:7月22日午前1:00)から5つのトラックにて複数のセッションが行われる。

マスク氏、ドーシー氏、ウッド氏が登壇するトラック2「経済的エンパワーメントのためのツールとしてのビットコイン:Bitcoin As A Tool For Economic Empowerment」はSquare Cryptoの責任者であるスティーブ・リー(Steve Lee)氏のモデレーターのもと、3名がライブパネルディスカッションを行う。

申し込みはこちら

スピーカー一覧

トークセッションのまとめ記事

2021.7.22追記
3名のトークセッションでの発言はこちらのニュースにまとめてあります。

ジャックドーシー「ビットコインが創業前にあればツイッターは今と違った」、イーロンマスクらと暗号資産の可能性語る

参考:TheBWord
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Aleksei_Derin・pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した