2021年上半期のNFT総売上高は約25億ドル(約2,700億円)、過去最高を更新

2021年上半期のNFT総売上高は約25億ドル(約2,700億円)、過去最高を更新

2021年上半期のNFTの総売上が約25億ドルに達したとロイターが7月6日に報じた。

ロイターは、複数のブロックチェーン上の取引を追跡するサイトであるダップレーダー(DappRadar)のデータを参照し、NFTの売上が2021年の第2四半期にて四半期売上の最高値を更新したこと、また2021年上半期の総売上が24.7億ドル(約2,700億円)であることを報告した。2020年の上半期の売上である1,300万ドル(約14億円)と比較すると、約180倍の規模に増加していることがわかる。

ただしこれらの数値はオンチェーンでの取引しか反映していないため、オークションハウスでの取引のようなオフチェーンでの売上は別に考慮する必要があるとのことだ。

また、主要NFTプラットフォームであるOpenSeaでも売上高が順調に伸びており、6月時点で過去最高の月間売上である1.5億ドル(約165億円)を記録しているとのこと。

NFT市場が拡大し続ける一方で、個々のNFTレベルでは売上を減少させているものもあるとのこと。ダッパーラボのNBAトップショットでは今年の2月をピークに売上が下がり続けており、今年6月の売上は5,300万ドル(約58億円)でピーク時に比べ70%以上減少している。さらに購入者数についても3月の40万人から6月には24万人に減少したとのことだ。

参考:ロイター
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ThinkNeo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。