2021年上半期のNFT総売上高は約25億ドル(約2,700億円)、過去最高を更新

2021年上半期のNFT総売上高は約25億ドル(約2,700億円)、過去最高を更新

2021年上半期のNFTの総売上が約25億ドルに達したとロイターが7月6日に報じた。

ロイターは、複数のブロックチェーン上の取引を追跡するサイトであるダップレーダー(DappRadar)のデータを参照し、NFTの売上が2021年の第2四半期にて四半期売上の最高値を更新したこと、また2021年上半期の総売上が24.7億ドル(約2,700億円)であることを報告した。2020年の上半期の売上である1,300万ドル(約14億円)と比較すると、約180倍の規模に増加していることがわかる。

ただしこれらの数値はオンチェーンでの取引しか反映していないため、オークションハウスでの取引のようなオフチェーンでの売上は別に考慮する必要があるとのことだ。

また、主要NFTプラットフォームであるOpenSeaでも売上高が順調に伸びており、6月時点で過去最高の月間売上である1.5億ドル(約165億円)を記録しているとのこと。

NFT市場が拡大し続ける一方で、個々のNFTレベルでは売上を減少させているものもあるとのこと。ダッパーラボのNBAトップショットでは今年の2月をピークに売上が下がり続けており、今年6月の売上は5,300万ドル(約58億円)でピーク時に比べ70%以上減少している。さらに購入者数についても3月の40万人から6月には24万人に減少したとのことだ。

参考:ロイター
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ThinkNeo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored