金融庁が暗号資産取引所バイナンスに警告、2018年以来の2度目

金融庁がバイナンスに警告、2018年以降2度目

金融庁が本日6月25日、暗号資産取引所バイナンス(Binance Holdings Limited)に対して、無許可で日本において暗号資産交換業を行う者として警告書の発出を行った。

警告文では、バイナンス「インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、暗号資産交換業を行っていたもの」としている。

金融庁HPより

なお金融庁がバイナンスに対し警告を行うのは今回が2度目だ。2018年3月23日にバイナンスに対して同様の警告を発出していた。

なお当時警告を受けたバイナンスは、サイトの日本語翻訳を削除していたが、その後改めて現在ではサイトは日本語に原則対応している。

なおバイナンスは昨日24日にNFTのマーケットプレイスをローンチした。そこでNFTを販売する日本人のクリエイターの名前も発表されている。日本でも盛り上がりをみせるNFTサービスを開始したことも、今回このタイミングの警告の一因となった可能性もあるかもしれない。

参考:金融庁「Binance Holdings limitedに対する警告書の発出について」

 

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。