「Binance NFT」がローンチ、販売時エラーによるトラブルも

「Binance NFT」がローンチ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が新たに展開するNFTプラットフォーム「Binance NFT」が6月24日7:00(日本時間で同日16:00)にローンチした。

https://twitter.com/TheBinanceNFT/status/1407957071610449921

「Binance NFT」のローンチにより、まず事前に発表されていた「100 Creators」のNFT作品が販売開始され、その後「Genesis Auction: Three Self-Portraits」、「Genesis Auction: Three Self-Portraits Re-creation – Nirvana」、「Genesis Auction: Divine Comedy – Inferno」、「tokidoki All Stars Mystery Box Series 1」と順次販売されている。

なお「tokidoki All Stars Mystery Box Series 1」は40,000個以上販売されていたようだが、販売数秒で購入できなくなるなど販売側のトラブルがあったようだ。なおこれについては数時間後に再販されており、また改めて購入の機会を設けるとすでにアナウンスされている。

https://twitter.com/TheBinanceNFT/status/1407768628766851078

なお「100 Creators」に選出されたVRアーティストのせきぐちあいみ氏のNFT作品「Invisible and Important」は記事執筆時点、オークション日数残り6日の段階で、2,200BUSD(約24.4万円)の入札がある状況だ。

「Binance NFT」では取引所「Binance.com」と同じアカウントシステムを採用しており、ユーザーは他のエコシステム製品と一緒にマーケットプレイスにアクセスができる。

関連ニュース

Binance NFTが100名のアーティスト選出、日本からVRアーティストせきぐちあいみ氏 

バイナンス、NFTマーケットプレイスを6月24日にローンチへ

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した