米金融大手シティ、「デジタル・アセット・グループ」新設

米金融大手シティ、「デジタル・アセット・グループ」新設

米金融大手シティグループ(Citi Group)が暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの分野に特化した新しいビジネスユニット「デジタル・アセット・グループ(Digital Assets Group)」を正式に立ち上げたとブロックチェーンメディアThe Blockが6月24日に報じた。

このグループはシティのウェルスマネジメント部門である「シティー・グローバル・ウェルス・インベストメント(Citi Global Wealth Investments)」の中に置かれることになるようだ。

The Blockが入手したメモには「暗号資産、トークン化、およびブロックチェーン技術を利用したその他の進歩について、エキサイティングな新しい展開が見られることから、デジタル資産グループの設立を発表します」と記載されているとのことだ。またデジタル・アセット・グループはアレックス・クリエート(Alex Kriete)氏とグレッグ・ジラソーレ(Greg Girasole)氏が率いることになるようだ。

参考:The Block
デザイン:一本寿和
images:iStocks/alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している