Concordium、日本ブロックチェーン協会(JBA)正会員に加盟

Concordium、日本ブロックチェーン協会(JBA)正会員に加盟

スイスに本部を置くコンコーディウム(Concordium)が一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)の正会員に加盟したことを6月24日に発表した。なお海外のプラットフォーム非営利財団としては初の事例だ。

JBAへの加盟により、コンコーディウムはJBAの会員と交流し、活動に参加することにより、JBAが目指すブロックチェーン技術の社会での採用と発展に、規制に準拠した、プライバシーを中心に置くオープンソースプラットフォームとして、ブロックチェーン技術と現実社会をつなぐ役割を果たしていきたいとのことだ。

コンコーディウムのCEOであるローン・フォンス・シュローダー(Lone Fonss Schroder)氏は「日本のブロックチェーン技術の社会実装や暗号資産の規制に関する洞察は、私たちの規制を準拠する透明性のある安全なブロックチェーンと非常によく適合しています。私たちは、日本ブロックチェーン協会に参加できることを誇りに思っています」とコメントしている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している