CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表

CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表

CNNがNFTを活用したサービス「Vault by CNN:Moments That Changed Us」の開始を6月16日に発表した。

「Vault by CNN」は、CNNのテレビアーカイブから厳選したデジタルコレクティブル「Moments(モーメンツ)」を集め、NFTとしてミントし、サイト「vault.cnn.com」にて販売するサービスだ。

CNNは2021年6月下旬から毎週6回「Moments」をドロップしていく予定だ。「Moments」の内容としてはCNNの初期の独占番組、世界史、大統領選挙など、特定のテーマに沿って構成された歴史上の重要なものになるようだ。

今後「Vault by CNN」が成長し、コレクターのコミュニティに適応していくにつれて、今後の「Moments」のドロップにはさらに幅広いデジタルコレクションのトピックやフォーマットが含まれることになるようだ。

「Moments」のトークンホルダーは、コレクション目的でデジタルコピーを所有することになり、「Vault by CNN」内のユーザーページにて自身の「Moment」を紹介・展示することができる。いくつかの限定版セットには、プレミアム・ビデオ・ディスプレイ・ケースが含まれており、スクリーン上にその瞬間を物理的に表現することも可能とのことだ。

参考:CNN
デザイン:一本寿和
images:iStocks/fazon1

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。