分散型デリバティブプラットフォームdYdX、約70億円の資金調達

分散型デリバティブプラットフォームdYdX、約70億円の資金調達

分散型デリバティブプラットフォームを運営するdYdXが資金調達シリーズCラウンドにて約70億円(6,500万ドル)の資金調達を行なったことを6月15日に発表した。

シリーズCラウンドは暗号資産領域に特化したベンチャーキャピタルのParadigmが主導し、CMS Holdings、CMT Digital、Electric Capital、HashKey Capital、StarkWare Industriesなどが参加した。

dYdXの創業者であるアントニオ・ジュリアーノ(Antonio Juliano)氏はThe Blockの取材に対して「dYdXの目標は、3年から5年の時間軸で、最大の暗号資産取引所の一つにすることです」と答えている。

Parradigmの共同創業者兼マネージングパートナーであるフレッド・アーサム(Fred Ehrrsam)氏はdYdXのリリースにて「dydxは、シンプルかつ暗号資産ネイティブなユーザーに愛されるグローバルな取引所を構築しました。創業者のアントニオは数年前にコインベースを退社したときから知っていますが、彼は会社の成長と将来の可能性を支える優れたチームを築いています」とコメントしている。

参考:dYdX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/francescoch・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道