Solana上にNFTマーケットプレイスを立ち上げ、メタプレックスファウンデーションが開発

Solana上にNFTマーケットプレイスを立ち上げ、メタプレックスファウンデーションが開発

メタプレックス・ファウンデーション(Metaplex Foundation)がソラナ(Solana)のブロックチェーン上にNFTマーケットプレイス「メタプレックス(Metaplex)」を立ち上げたことを6月2日に発表した。

メタプレックスはクリエイターやアーティストが自らの作品をNFTとして鋳造(ミント)し販売することができるマーケットプレイスとなっている。

発表によると、メタプレックスは他のNFTマーケットプレイスと比較して、手数料無料、平均鋳造コスト1ドル以下、仲介業者が介在しないなどの利点を持つとのこと。これらの利点は高速かつ低手数料のブロックチェーンであるソラナと分散型ストレージプロトコルであるアーウィーブ(Arweave)の組み合わせによって実現しているとのことだ。

またクリエイターやアーティストはコードを書かずに独自ストアをメタプレックス内に構築することが可能で、約3ドルの費用でストア上でオークションを行うこともできるとのことだ。

決済に関しては暗号資産(仮想通貨)取引所FTXと提携しているため、利用者はFTX Payを利用してクレジットカード等でグッズを購入することができるとのことだ。

参考:Metaplex
デザイン:一本寿和
images:iStock/arbobii

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した