Solana上にNFTマーケットプレイスを立ち上げ、メタプレックスファウンデーションが開発

Solana上にNFTマーケットプレイスを立ち上げ、メタプレックスファウンデーションが開発

メタプレックス・ファウンデーション(Metaplex Foundation)がソラナ(Solana)のブロックチェーン上にNFTマーケットプレイス「メタプレックス(Metaplex)」を立ち上げたことを6月2日に発表した。

メタプレックスはクリエイターやアーティストが自らの作品をNFTとして鋳造(ミント)し販売することができるマーケットプレイスとなっている。

発表によると、メタプレックスは他のNFTマーケットプレイスと比較して、手数料無料、平均鋳造コスト1ドル以下、仲介業者が介在しないなどの利点を持つとのこと。これらの利点は高速かつ低手数料のブロックチェーンであるソラナと分散型ストレージプロトコルであるアーウィーブ(Arweave)の組み合わせによって実現しているとのことだ。

またクリエイターやアーティストはコードを書かずに独自ストアをメタプレックス内に構築することが可能で、約3ドルの費用でストア上でオークションを行うこともできるとのことだ。

決済に関しては暗号資産(仮想通貨)取引所FTXと提携しているため、利用者はFTX Payを利用してクレジットカード等でグッズを購入することができるとのことだ。

参考:Metaplex
デザイン:一本寿和
images:iStock/arbobii

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。