ポルトガルのプロサッカークラブのUDオリヴェイレンセ、「FiNANCiE」でクラブトークン発行

UDオリヴェイレンセ、「FiNANCiE」でクラブトークン発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、ポルトガルのプロサッカークラブ、UDオリヴェイレンセのクラブトークンの発行と販売の開始を6月2日発表した。

UDオリヴェイレンセはポルトガル3部リーグ(2021-2022シーズン)に所属するプロサッカークラブで、欧州クラブでありながら、現地で複数名の日本人選手やスタッフが活躍しており日本企業が経営を行っているとのこと。2019年12月13日に日本企業「株式会社ナッツアンドアバウト」がクラブ株式の70%を買収して経営権を取得しており、DMM.comによるシント=トロイデンVVの買収と経営にも関わった山形伸之氏が社長を務めている。またサッカーの他にホッケーとバスケットボールのチームも擁している地域スポーツクラブでもあるとのことだ。

リリースによると今回のクラブトークンの販売売上は、主にUDオリヴェイレンセのクラブ運営、強化費用に利用する他、同クラブが日本人にとっての「欧州への入り口」となり、様々な違いに適応しながら大きな舞台へステップアップしていける環境を提供するための取り組みに対しても利用する予定としている。

なおクラブトークン購入者については、クラブの投票企画への参加や、参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。

ファンディング実施期間は6月3日15:00~7月20日14:59の予定となっている。

参考:FiNANCiE

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored