チリーズのSocios. com、サッカーアルゼンチン代表、米モータースポーツチーム、インドクリケット3チームとの提携を立て続けに発表

チリーズのSocios.com、提携を立て続けに発表

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)が、スポーツ団体及びチームとの提携を5月13日立て続けに発表した。

今回チリーズが提携を発表したのはアルゼンチンサッカー協会(AFA)、米モータースポーツ統括団体「NASCAR」所属のラウシュ・フェンウェイ・レーシング(RoushFenway Racing)、インドのプロクリケットリーグであるインディアン・プレミアリーグ(IPL)所属のロイヤル・チャレンジャーズ・バンガロール (Royal Challengers Bangalore)、パンジャーブ・キングス(Punjab Kings)、コルカタ・ナイトライダーズ(Kolkata Knight Riders)の以上1団体4チームだ。

アルゼンチンサッカー協会との提携

アルゼンチンサッカー協会は今回の提携により、サッカーアルゼンチン代表公式ファントークン「$ARG」のローンチを発表した。サッカー代表チームとして公式ファントークンを発行するのは初の事例となる。トークン発行は男女両チームともに行われる。

なお同国ではアルゼンチン一部リーグ「プリメーラ・ディビシオン」に所属するクラブ・アトレティコ・インデペンディエンテも「Socios.com」にて公式ファントークンを既に発行しているとのこと。

サッカーアルゼンチン代表公式ファントークン「$ARG」は今年7月に開催されるコパ・アメリカの前にローンチされる予定で、アルゼンチンの「Socios.com」ユーザー先行で1枚無料にて配布されるとのことだ。

「NASCAR」所属 ラウシュ・フェンウェイ・レーシングとの提携

ラウシュ・フェンウェイ・レーシングにおいても今回の提携により、公式ファントークン「$ROUSH」を発行することが決定している。リリースによると、同チームのファントークン発行は米国のスポーツチームにおいて初の事例となる(格闘技団体は除いているようだ。PFLはすでに発行している)。

ファントークン発行第一弾の企画として、8月8日に行われるレースにてマシンの塗装、チームユニフォーム、ピットのサイネージ等を投票によって決めるとのことだ。

インディアン・プレミアリーグ(IPL)所属3チームとの提携

IPLはクリケットのプロリーグとしては世界最大の興行規模を有しており、同リーグに所属する8チームの合計ブランド価値は65億ドルに上るとのこと。現在シーズンは新型コロナウィルス感染症の影響で停止している状況であるとのこと。

試合開催の見通しが立たない中ファントークンの発行については発表はないが、今回チリーズと提携したロイヤル・チャレンジャーズ・バンガロール、パンジャーブ・キングス、コルカタ・ナイトライダーズの3チームは「Socios.com」にてファンエンゲージメントの向上を図るとのことだ。

編集部のコメント

チリーズ運営の「Socios.com」ではプロスポーツチームがファントークンを発行・販売することで資金調達ができます。またファンはそのファントークンを購入することでクラブチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できます。

関連ニュース

米総合格闘技団体UFC、チリーズ上でファントークン発行へ

チリーズのSocios. com、米NHLニュージャージー・デビルズと提携

米国初、格闘技団体PFLがチリーズ(Chiliz)の「Socios.com」でファントークンを発行

参考:アルゼンチンサッカー協会①アルゼンチンサッカー協会②ラウシュ・フェンウェイ・レーシングインディアン・プレミアリーグ

(images:iStocks/pgraphis・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored