著名投資家スティーブ・コーエンのファンド「Point72」、暗号資産に巨額の投資か

著名投資家スティーブ・コーエンのファンド「Point72」、暗号資産に巨額の投資か

アメリカの著名投資家スティーブ・コーエン(Steave Cohen)のヘッジファンド「Point72」が、暗号資産市場にかなりの規模の投資を行う可能性があるとThe Blockが報じた。情報筋によって提供された情報をもとにした報道だ。

「Point72」の運用額は4月1日時点で、約2兆4,000億円(220億ドル)に及ぶようだ。情報筋は「Point72のベンチャーキャピタル部門であるPoint72 Venturesとヘッジファンド部門でのロング/ショート戦略の両方から暗号資産へ投資を行い、非常に総合的なアプローチを取っている」とThe Blockに伝えている。

ちなみにスティーブ・コーエン氏は2020年にメジャーリーグのニューヨーク・メッツを買収したことで、大きな話題を呼んだ人物だ。

参考:The Block

(images:iStocks/msan10・BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ