米司法省と内国歳入庁、暗号資産取引所バイナンスを調査と報道

米司法省と内国歳入庁、暗号資産取引所バイナンスを調査と報道

暗号資産(仮想通貨)取引所運営のバイナンス(Binance)が米国の司法省(DOJ)と内国歳入庁(IRS)からの調査を受けているとブルームバーグが報じた。

具体的なバイナンスの調査対象は明らかになっていないが、一般的にはマネーロンダリングや税務犯罪の疑義があるため調査が行われるようだ。またブルームバーグへ情報を提供した人物によれば、IRSの調査はバイナンスのユーザーだけでなく、バイナンスの従業員も調査対象にしているかもしれないとのことだ。

ブルームバーグの報道に対して、バイナンスの公式ツイッターアカウントは「私たちは、法的義務を非常に真剣に受け止め、規制当局や法執行機関と協調して取り組んでいます。また私たちは、マネーロンダリング防止の原則と、金融機関が疑わしい行為を検知して対処するために使用するツールを取り入れた、強固なコンプライアンスプログラムを構築するために努力してきました。そして私たちは、米国をはじめとする世界中の法執行機関を支援してきた実績があります」と説明している。

現在、バイナンスは米国の規制に準拠するため積極的に対応している。例えばバイナンスは4月21日に元コインベース重役で元米通貨監督庁重役のブライアン・ブルックス(Brian Brooks)氏がバインナンスUS(Binance.US)のCEOに就任することなどを発表している。

参考:ブルームバーグ

(images:iStocks/Abscent84・vitacopS)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ