ステーブルコインUSDT発行元のテザー、準備金の内訳を明らかに

ステーブルコインUSDT発行元のテザー、準備金の内訳を明らかに

ステーブルコインUSDTの発行元であるテザー(Tether)社が、初めてUSDTの準備金の内訳を明らかにした。

準備金の内訳は次のとおりだ。

現金および現金同等物、その他の短期預金、無担保の約束手形(CP):75.85%

担保付貸付金(関連会社に対するものはなし):12.55%

社債・ファンド・貴金属:9.96% その他の投資(デジタル資産を含む):1.64%

また現金および現金同等物などの内訳も次のとおりに明らかにしている。

無担保の約束手形:65.39%

受託者預金:24.20%

現金:3.87%

政府証券短期貸付(リバースレポレート):3.60%

米国財務省短期証券:2.94%

そしてThe Blockの「なぜ実際の現金が準備金全体のごく一部しか占めていないのか」という質問に対して、テザー社の法務担当者であるスチュアート・ホーグナー氏は「現金および現金同等物のカテゴリーの中で現金だけに焦点を当てるのは誤解を招きます。読者は、実際の現金ではないものを流動性の欠如と混同してはならない」と答えた。

テザー社は監査法人「ムーア・ケイマン(Moore Cayman)」をパートナーとしているようだが、今回の報告書が「ムーア・ケイマン」によって監査及び証明済のものであるかは、明らかになっていない。

参考:テザー

(images:iStocks/artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ