コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

コインチェック株式会社と株式会社ゲームエイトがNFT事業において連携を開始したことを4月23日発表した。

コインチェックでは今年3月よりNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供開始しており、既に国内外で人気のあるゲームタイトルと連携を開始しており、「Coincheck NFT(β版)」ローンチの際に日本発のブロックチェーンゲーム「CryptoSpells」および全世界4,000万DLを達成した「The Sandbox」での利用可能なNFTの取扱いを開始している。

またゲームエイトが運営するゲーム攻略メディア「Game8 (ゲームエイト)」は、月間4,200万人が訪れる総合ゲーム攻略プラットフォームだ。スマートフォン向けゲームやコンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)の攻略をメインコンテンツとして、様々なコンテンツを提供している。またクリエイター事務所の「Honey Studio」も運営しており、ゲーム領域の動画チャンネルのサポートやキャスティングなども行っている。

両者は今回の連携のもと、ゲームエイトが支援しているクライアントに対し、「Coincheck NFT(β版)」との連携を提案することで、ゲーム関連パートナー企業のNFTビジネスの創出の支援をするほか、「Game8」内にて「Coincheck NFT(β版)」で取り扱うブロックチェーンゲーム及びNFT関連のコンテンツを展開し、認知拡大やファン拡大を目指すとのことだ。

関連ニュース

コインチェックが「Coincheck NFT(β版)」提供開始

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:コインチェック

(images:iStock/PhonlamaiPhoto・Lidiia-Moor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと