NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ

NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始

株式会社モバイルファクトリーと同社子会社の株式会社ビットファクトリーが今夏リリース予定のNFTマーケットプレイス「ユニマ(Uniqys マーケットプレイス)」の事前登録の受付開始を4月23日発表した。

「ユニマ」はゲーム内データのほか、動画、記事、写真、楽曲、アートなどのデジタルデータをNFT化し、ユーザーに販売するまでをワンストップで行えるサービスだ。

また「ユニマ」でのNFT売買には暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)は必要とせず、日本円での決済が可能となっている。なお同サービス利用には承認制によるアーティスト登録と本人確認の導入が行われる予定とのことだ。

またリリースには「ユニマ」リリース時に販売予定のNFTとして、位置情報ゲーム「駅メモ︕Our Rails」内に登場する駅をデジタル資産にした駅トークンや駅メモ︕シリーズ「でんこ」のNFTトレーディングカード、バチェロレッテ出演の画家である杉⽥陽平⽒のゴッホの『ひまわり』をモチーフとしたデジタルアートが販売予定である他、⼭⼝周⽒の著書である『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』に関する企画をプレジデント社と実施に向け協議中であることも明かされた。

編集部のコメント

また「ユニマ」事前登録受付の発表と同日に、ファンズ株式会社が同社運営の1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」上で「ユニマ」の認知度向上を目的とした初回ファンドの提供に向けて準備を進めていることが発表されています。

リリースによると今回のモバイルファクトリーのFunds利用は、これまでFundsで提供してきたファンドとは異なり、個人投資家と企業が投資を通じて繋がる新たなマーケティング手法である「FinCommunity Marketing(フィンコミュニティマーケティング)」に特化した新たな枠組みを予定しているとのことです。

この枠組みの利用により、モバイルファクトリーはデジタルデータをブロックチェーン上で個人の資産として保有可能とする、トークン生成・販売のプラットフォームである「ユニマ」の認知度向上を目指します。

なおスキームの概要、募集日時や募集額をはじめとするファンドの詳細な情報については、5月中旬に公開予定とのことです。

関連リンク

https://pre.market.uniqys.net/

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:モバイルファクトリー  駅トークン、でんこトレカ、杉田陽平氏アート、 山口周氏書籍のNFT化! 「ユニマ」の事前登録スタート!NFTマーケット「ユニマ」事業拡大に向け 「Funds」と新たな取り組みを開始 ~今話題のNFTで新しい体験を提供~

(images:iStock/berya113・Aleksei_Derin)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。