コインチェックが「Coincheck NFT(β版)」提供開始

マーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」が提供開始

コインチェック株式会社がNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供開始したことを3月24日発表した。

現在PCブラウザ及びAndroidアプリからアクセスできる

「Coincheck NFT(β版)」ではブロックチェーン上のデジタルアイテムであるNFTを同社運営の暗号資産(仮想通貨)取引所「Coincheck」で取扱う13種類の暗号資産(BTC、ETH、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ)と交換ができる。なお暗号資産取引サービスと一体型となったNFTマーケットプレイスは国内初となっている。

「Coincheck NFT(β版)」の特徴として、Coincheckの口座を保有するユーザーであれば、手続きなしで誰でもワンストップでNFTの出品・購入・保管ができるという。またNFTはウェブウォレット「MetaMask(PCブラウザ版)」からの入庫や対応ウォレットへの出庫が可能となっており、オフチェーンでのNFT購入や売却ができるため、購入・売却にかかるネットワーク手数料(Gas代)は無料であるという。なおMetaMaskからCoincheckへの入庫、Coincheckからの出庫の際はオンチェーン上の処理になる為ネットワーク手数料、またはコインチェック指定の出庫手数料(ネットワーク手数料の変動により手数料を変える変動手数料制:詳細はこちら)が発生するとのことだ。

「Coincheck NFT(β版)」のサービス提供は現在Coincheck(WEB)とCoincheckアプリ(Android版)となっており、CoincheckアプリのiOS版については今後対応の予定であるとのことだ。

また「Coincheck NFT(β版)」に対応するNFTについては、まず日本発のブロックチェーンゲーム「CryptoSpells」および全世界4,000万DLを達成した「The Sandbox」で利用可能なNFTの取扱いを開始し、今後はゲームのみならずアートやスポーツなど幅広い分野に拡大していく予定とのことだ。

コインチェックでは「Coincheck NFT(β版)」提供開始記念として、ETHプレゼントキャンペーンが開催される。「CryptoSpells」および「The Sandbox」のNFTを入庫かつ出品したユーザー全員に、出品したNFTの個数に応じて最大1,500円相当のETHがもらえるキャンペーンとのことだ。

参考:コインチェックキャンペーン詳細「Coincheck NFT(β版)」の利用方法

(images:iStocks/Lidiia-Moor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored