デンマーク赤十字社がブロックチェーン活用の火山災害を対象とした債権発行

デンマーク赤十字社がブロックチェーン活用の火山災害を対象とした債権発行

デンマーク赤十字社が火山関連の災害支援を目的に、ブロックチェーンを活用した「CATボンド」を発行することを英国の保険ブローカー企業であるハウデングループ(Howden Broking Group)が3月22日発表した。

「CATボンド」とは天災などで被害を受けた際の補償契約を組み込んだ債券だ。発行会社は普通社債を発行する場合よりも高い利率を支払うこととなるが、一定水準以上の自然災害が発生した場合には、あらかじめ契約で定めた条件に応じた金額を受け取れる。発行会社にとって、受け取った資金の使途に制限がないため、災害復旧のために幅広い対応が可能であること、被災後は資金の受け取りが比較的短期間で出来ることなどのメリットがある。CATは「Catastrophe:大災害」の略であり、「CATボンド」は大災害債券とも呼ばれている。

この債権は噴火の可能性がある半径100km以内に約70万人が住んでいる、カメルーン、チリ、コロンビア、エクアドル、グアテマラ、インドネシア、メキシコにある10の火山を対象としており、噴火後の支援の為に最大10万ドルの調達を目的としているとのこと。

またこの債権はブロックチェーン技術を利用することで援助を迅速に行えるという。バルセロナ拠点の自然災害予測を専門とする企業Mitiga Solutions開発のトリガーメカニズムに基づき、火山灰が居住地へ向けて落ちると判断した際に自動的に支払いが開始されるとのこと。なおブロックチェーン技術の提供は、保険リスクをデジタル証券化するプラットフォームを提供する英国企業Replexusが行ったとのことだ。

参考リンク:Howden Broking Group

(images:iStocks/NCemile-Bingol・pxhidalgo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論