SKE48のNFT販売のcoinbook、新たに暗号資産交換業者に認可

coinbook、新たに暗号資産交換業者に認可

株式会社coinbook(コインブック)が暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁より認可を受けたことが4月16日明らかになった。

coinbookはデジタルトレーディングカードプラットフォーム「NFTトレカ」を運営する企業で、今までにもアイドルグループ「SKE48」のNFTトレーディングカードの販売などを行っている

またcoinbookは今年1月1日より一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の第二種会員として入会しており、暗号資産交換業者となる第一種会員にわずか4か月で種別変更となった。

なお金融庁の資料によると、coinbookが取り扱いを予定している暗号資産は、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)となっている。

関連ニュース

ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48のNFTトレーディングカードのコラボが決定

参考:JVCEA金融庁

(images:iStocks/Nadiinko

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。