ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

【9/13の話題】メルコインがJVCEA第二種会員に、三上悠亜がNFT発売へなど(音声ニュース)

メルカリ子会社「メルコイン」がJVCEA第二種会員に、暗号資産取引所事業に向け前進、セクシー女優の三上悠亜、新たにNFT発売へ、【取材】トレードワルツ「貿易コンソーシアム」が拡大へ、焦点は電子船荷証券の法改正、トロン(TRX)とクオンタム(QTUM)、フォビジャパンで上場、スイス証券取引所(SIX)傘下のSDX、暗号資産取引所運営ライセンス取得、パリSGファントークン(PSG)、Crypto. comで上場、バイナンスにGala(GALA)上場

メルカリ子会社「メルコイン」がJVCEA第二種会員に、暗号資産取引所事業に向け前進

メルカリの子会社、株式会社メルコインが9月13日付で、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に第二種会員として入会したことが発表された。 JVCEAは金融庁の認定資金決済事業者協会である。この第二種会員は、暗号資産(仮想通貨)交換業者への登録が「申請中」または「申請予定」の事業者のことを指す。なお第一種会員の入会資格は、金融庁認可の暗号資産交換業者または暗号資産関連デリバティブ取引業者であり、今後メルコインは第一種会員を目指していくことになる。

【取材】トレードワルツ「貿易コンソーシアム」が拡大へ、焦点は電子船荷証券の法改正

貿易DX推進のトレードワルツ社運営の「貿易コンソーシアム」の会員に新たに商社、メーカー、物流企業など14社が加わり全65社に拡大したことが9月13日に分かった。トレードワルツはNTTデータ、三菱商事、豊田通商、東京海上日動火災保険、三菱UFJ銀行、兼松、損害保険ジャパンの大手7社の共同出資によって貿易のデジタル化、DXを目標に2020年4月1日に設立された企業。トレードワルツ社は8月に東京大学協創プラットフォーム開発、三井倉庫ホールディングスなどから計9億円の資金調達を実施している。

スイス証券取引所(SIX)傘下のSDX、暗号資産取引所運営ライセンス取得

スイスのデジタル資産取引サービスを提供するSIX Digital Exchange(SDX:シックス・デジタル・エクスチェンジ)が同国の金融規制当局である連邦金融市場監督機構(FINMA)より、デジタル資産の証券取引所(暗号資産取引所)および中央証券のカストディ(保管)を運営する為の正式承認を取得したことが9月10日分かった

【9/10の話題】gumiが1億ドル規模の暗号資産専門ファンド、マスターカードがサイファートレース買収へなど(音声ニュース)

gumi、1億ドル(約109億円)規模の暗号資産専門ファンド組成へ、米マスターカードがサイファートレース買収へ、デジタル資産領域への展開進む、米クラーケン、dYdX(DYDX)を上場、コービー・ブライアントデザインのウブロ時計とNFTアートとシューズのパッケージ、オークション出品へ、米SECがVanEckビットコインETF承認再延期、最終回答は11月に、サザビーズに出品のNFT「101BoredApeYachtClub」が約26億円で落札、カルバンクラインとトミーヒルフィガーがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保、仏サッカーのパリSGとCrypto. com提携。スポンサー料は暗号資産で支払い、NFTリリースも、NFTサッカーゲーム「Sorare」、スペイン国内リーグ全選手のデジタルカード発行へ、TAOTAOがリップル(XRP)を現物取引に追加、3on3バスケリーグの「HIU ZEROCKETS.EXE」、FiNANCiEでクラブトークン発行

gumi、1億ドル(約109億円)規模の暗号資産専門ファンド組成へ

株式会社gumiの連結子会社gumi America, Inc.が1億ドル(約109億円)規模の暗号資産領域専門ファンド組成を9月10日に決議したこと分かった。gumiとしては2号目の暗号資産領域専門ファンドとなる。1号ファンドは約3,000万米ドルで組成されていたようなので、2号ファンドは3倍以上の規模となるようだ。

コービー・ブライアントデザインのウブロ時計とNFTアートとシューズのパッケージ、オークション出品へ

NBAレジェンドのコービー・ブライアント(Kobe Bryant)氏がデザインし、サインしたウブロの時計、スニーカー、NFTデジタルアートのパッケージがオークションに出品されることがわかった。そして出品者はこのパッケージを約11億円(1000万ドル)で販売開始する予定だ。

米マスターカードがサイファートレース買収へ、デジタル資産領域への展開進む

米マスターカード(Mastercard)が暗号資産分析ツールなど提供のサイファートレース(CipherTrace)と買収契約を締結したことが9月9日に分かった。サイファートレースは暗号資産関連のAML/CFTやリスクマネジメントツールを金融機関や暗号資産取引所などに提供している企業だ。日本では楽天ウォレット株式会社や株式会社DMMビットコインが同社のソリューションを利用している。

【取材追記】小室哲哉がNFT今秋発売、音楽業界でもNFTの活用は進むか?

ミュージシャン・音楽プロデューサーである小室哲哉氏のNFTが、今年秋に販売されることが分かった。 10月10日に開催のJ-WAVE主催デジタル・クリエイティブフェス「イノフェス(J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI)」にて、小室氏による音楽制作パフォーマンスがNFT化されるとのこと

【9/9の話題】ウクライナが暗号資産取引を合法化へ、小室哲哉がNFT今秋発売など(音声ニュース)

ウクライナが暗号資産取引等を合法化へ、議会で法案可決、小室哲哉がNFT今秋発売、音楽業界でもNFTの活用は進むか?、大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」でバグ、NFT1,100万円相当が消失、「nanakusa」NFT流出事件、運営が説明会実施、DeFi「dYdX」がガバナンストークン配布、ステーキング開始もエラー判明、Zaifが第一種金融商品取引業廃止へ、暗号資産現物取引は継続、米コインベースプロでRari Governance Token(RGT)とXYO Network(XYO)上場、延期していたShiba Inu(SHIB)も、Bリーグ「佐賀バルーナーズ」がFiNANCiEでクラブトークン発行