暗号資産レンディングプラットフォームCygnos(シグノス)が毎月の貸借料の日本円支払い開始

暗号資産レンディングプラットフォームCygnosが毎月の貸借料の日本円支払い開始

暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営する株式会社Cygnos(シグノス)が、暗号資産レンディングの毎月の貸借料を日本円で支払うサービスの開始を3月16日発表した。

暗号資産レンディングサービスは、ユーザーが事業者へ暗号資産を貸し付けることで、ボラティリティに関係なく決められた利率の暗号資産による利益を得られるサービスだ。リリースによると毎月の貸借料を日本円で支払うCygnosのサービスは世界初の事例となるようだ。なお賃借料の支払いはユーザーの持つ口座へ直接振り込みがされるとのことだ。

具体的にはBTC価格600万円、ETH価格20万円とした場合、1BTCの場合は現状年率3%であるため1万5000円、800ETHの場合は現状年率3%であるため40万円というように日本円で貸借料を得ることが可能になるようだ。

またリリースによるとCygnosの提供するレンディングサービスは証券市場における貸株と同様の仕組みとのことで、ユーザーから借り入れた暗号資産は機関投資家にのみ貸出を行うとのことだ。機関投資家の選定は与信管理や担保受入等の総合的なリスク対策を実施しているという。

なお今回日本円での貸借料支払いが可能となるのは「マニュアルレンディング」においてのみであり、Web版は来月中のリリースを想定しているとのことだ(マニュアルレンディングとは、5000万円相当額以上の数量のユーザーに対して、Web版のレンディングよりも有利なレートで借入を実施するサービス)。

(imaes:iStocks/justinroque)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した