暗号資産レンディングプラットフォームCygnos(シグノス)が毎月の貸借料の日本円支払い開始

暗号資産レンディングプラットフォームCygnosが毎月の貸借料の日本円支払い開始

暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営する株式会社Cygnos(シグノス)が、暗号資産レンディングの毎月の貸借料を日本円で支払うサービスの開始を3月16日発表した。

暗号資産レンディングサービスは、ユーザーが事業者へ暗号資産を貸し付けることで、ボラティリティに関係なく決められた利率の暗号資産による利益を得られるサービスだ。リリースによると毎月の貸借料を日本円で支払うCygnosのサービスは世界初の事例となるようだ。なお賃借料の支払いはユーザーの持つ口座へ直接振り込みがされるとのことだ。

具体的にはBTC価格600万円、ETH価格20万円とした場合、1BTCの場合は現状年率3%であるため1万5000円、800ETHの場合は現状年率3%であるため40万円というように日本円で貸借料を得ることが可能になるようだ。

またリリースによるとCygnosの提供するレンディングサービスは証券市場における貸株と同様の仕組みとのことで、ユーザーから借り入れた暗号資産は機関投資家にのみ貸出を行うとのことだ。機関投資家の選定は与信管理や担保受入等の総合的なリスク対策を実施しているという。

なお今回日本円での貸借料支払いが可能となるのは「マニュアルレンディング」においてのみであり、Web版は来月中のリリースを想定しているとのことだ(マニュアルレンディングとは、5000万円相当額以上の数量のユーザーに対して、Web版のレンディングよりも有利なレートで借入を実施するサービス)。

(imaes:iStocks/justinroque)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ