ヤフーが社員への手当支給をデジタル払いへ、PayPay活用で在宅勤務補助費など

ヤフーが社員への手当支給をデジタル払いへ

Zホールディングス傘下のヤフーがキャッシュレス決済「PayPay(ペイペイ)」を使った社員への手当支給を始めることが2月18日の日本経済新聞の報道で明らかになった

日経新聞によるとヤフーは3月から全社員対象に一律5万円分を在宅勤務の補助費として支給する予定とのこと。デジタル払いとは銀行口座を介さずに、資金移動業社が運営するアプリへ直接入金される支払い手段だ。

またヤフーは国が検討する給与のデジタル払いの解禁に向け給与のデジタル払いも検討しているようだ。

ヤフーの代表取締役社長である川邊健太郎氏は「すぐ先の未来を先取りして自ら実行し、一般提供する時には最高のユーザー体験を届けられるように磨き込んで参ります!」とツイートしている。

(images:iStocks/paitoonpati)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored