IBMの影響力減少しインテルは撤退か、ハイパーレジャー(Hyperledger)の技術運営委員会の委員選出

IBMの影響力減少しインテルは撤退か、ハイパーレジャー(Hyperledger)の技術運営委員会の委員選出

マルチオープンソースイニシアチブ「ハイパーレジャー(Hyperledger)」が、同イニシアチブの技術運営委員会(TSC)の委員を選出するための選挙を行い、10月13日にその結果を発表した。

この選挙の結果として、15名のTSC委員のうちIBMから5名、コンセンシス(ConsenSys)から2名、その他ウォルマート(Walmart)、オラクル(Oracle)、富士通などからそれぞれ1名ずつが選出された。

TSCとはハイパーレジャー(Hyperledger)の傘下にある多数のプロジェクトの進行または廃止の管理、ハイパーレジャーに関する技術的問題に対する作業部会の設置などを行う組織であり、同委員会の委員は年に1度行われるハイパーレジャーコミュニティ内での選挙によって決定される。

TSCのメンバーは昨年まで11名で構成されていたが、委員全体に占めるIBM関係者の多さからIBMによるハイパーレジャーの支配が懸念されたため、今年から委員数が15名へと増員された。昨年までは11名の委員のうち6名がIBM関係者であったため、今回の選挙によってIBM関係者が占める割合は大幅に減少したことになる。

またハイパーレジャーのエグゼクティブディレクターであるブライアン・ベレンドーフ(Brian Behlendorf)氏によると、今回の選挙結果によってインテル(Intel)がハイパーレジャーへの関与を断念したことが浮き彫りになったとのこと。インテルは2016年からハイパーレジャー・ソートゥース(Hyperledger Sawtooth)と呼ばれるブロックチェーンの開発に携わっていたが、近年はその主導権をブロックチェーンスタートアップのビットワイス(Bitwise)へ譲っており、さらに前回TSCの委員であったインテルのDan Middleton(ダン・ミドルトン)氏が今回の選挙に立候補しなかったという。これらのことからインテルはハイパーレジャーの開発から撤退し始めていると考えられているとのことだ。

編集部のコメント

ハイパーレジャー(Hyperledger)は非営利の技術コンソーシアムであるリナックスファウンデーション(Linux Foundation)が中心となり活動をしています。ハイパーレジャーのコミュニティ内では様々なプロジェクトが動いています。主なプロジェクトとして、IBMが開発主導をしている「Hyperledger fabric」、ソラミツ株式会社が開発主導している「Hyperledger Iroha」などがあります。

参加企業には、ConsenSys、Digital Asset、R3や富士通、日立、IBM、Intel、NEC、NTTデータ、JPモルガンやアクセンチュアなど数々の企業が参加しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/maystra・Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。