欧州中央銀行(ECB)理事がデジタル・ユーロの概要説明と公開協議開始を発表

欧州中央銀行(ECB)理事がデジタル・ユーロの概要説明と公開協議開始を発表

欧州中央銀行(ECB)理事のファビオ・パネッタ(Fabio Panetta)氏が「デジタル時代のためのデジタル・ユーロ:A digital euro for the digital era」と題するスピーチを欧州議会ECON委員会で10月12日に行った。スピーチでは金融の専門家、学者、テクノロジー企業、市民などとデジタル・ユーロに関する公開協議を開始することも発表している。

スピーチの冒頭でファビオ・パネッタ氏は「今日では中央銀行は大規模に利用できるシンプルで安全でリスクのない決済手段へのコストのかからないアクセスを市民に提供するという基本的な任務を任されています。この課題を達成するためには中央銀行が社会の関連する動向を分析し、それに応じて適応する必要があります」と伝えた。

次にファビオ・パネッタ氏は「デジタル決済への移行が急速に進む社会において、欧州の人々が安全な形で中央銀行のお金に簡単にアクセスできるようにするために、ECBの理事会はデジタル・ユーロの発行可能性に関する作業を進めることを決定しました」と話した。

そしてファビオ・パネッタ氏はデジタル・ユーロの存在意義や解決しうる課題について「小売店での支払いに関しては、すでにさまざまな選択肢があります。現金の形をした中央銀行のお金、デジタル銀行預金などの商業銀行のお金、そしてペイメントカードなどのノンバンクのデジタルマネーです。私たちが持っていないのは中央銀行が発行するデジタル通貨であり、電子商取引を含む日常のすべての取引に使用できるものです。デジタル・ユーロはこのギャップを埋めるものとなるでしょう。それはすべての国民や企業がアクセス可能な中央銀行の電子マネーの形態、つまりユーロ紙幣のデジタル等価物となるでしょう。それはユーロ圏全域で受け入れられるシンプルでリスクのない信頼できるデジタル決済手段へのコストのかからないアクセスを提供することになるでしょう。デジタル時代にはユーロが欧州市民に提供する公共の利益を維持することになります」と伝えた。

民間企業が発行するペイメントシステムと中央銀行が発行するCBDCの違いに関して、ファビオ・パネッタ氏は「デジタル・ユーロは国民のプライバシーに対する基本的な権利に適合するでしょう。民間の供給者とは異なり、中央銀行は消費者データに関連した商業的な利益を持っていません」と言及した。

編集部のコメント

デジタル・ユーロを発行するためには市民からの信認が最も必要な要素であるとスピーチで伝えられています。今後公開協議と準備期間を経てECBの運営理事会は2021年半ばに向けて、デジタル・ユーロの具体的な特徴を定義し、デジタル・ユーロ発行に向けた準備を整えるための本格的なプロジェクトを開始するかどうかを決定していくとのことです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Nerthuz・Nadiinko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。