中国が深圳市住民5万人を対象にデジタル人民元を約1億5,754万円分配布しテスト運用か

中国が深圳市住民5万人を対象にデジタル人民元を約1億5,754万円分配布しテスト運用か

中国の深圳市がデジタル人民元を1週間のテスト運用のため深圳市住民5万人を対象に約1億5754万円(1,000万元)分発行し配布することをサウス・チャイナ・モーニングポスト(South China Morning Post)が10月9日に報じた

深圳市の住民であれば誰でもテストへの参加申請が可能だ。参加申請は中国の4大銀行を通じて10月9日から12日の間に行うことができる。抽選で選ばれた当選者はデジタル人民元専用のアプリをダウンロードし登録した後、10月12日に3,152円(200元)分のデジタル通貨が得られる「赤い封筒(red packet)」が与えられるとのことだ。

10月12日(月)から中国石油化工集団のガソリンスタンドやウォルマート、シャングリラホテルを含めた3,389の指定店で利用できるとのこと。

中国は正式にはデジタル通貨電子決済(DCEP)と呼ばれるデジタル人民元のキャッシュレス社会への移行を計画していて、早ければ2020年内にも実施する予定とThe Blockは報じている。

編集部のコメント

South China Morning Postによれば、上海のテクノロジー企業デルフィーノ(Delfino)社はQRコードや近距離通信技術を使ったモバイル決済に対応した5G接続機をデジタル人民元の配布に合わせて提供しているとのことです。つまりデジタル人民元を利用される側である小売店がデジタル人民元の決済を受け入れやすくする環境も提供されているということになります。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Nerthuz・Tuadesk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道