米国土安全保障省がブロックチェーンスタートアップ5社へ出資

米国土安全保障省がブロックチェーンスタートアップ5社へ出資

米国土安全保障省(DHS)がブロックチェーンスタートアップ5社に対し、総額817,712ドル(約8,600万円)を出資したことを10月9日発表した。

DHSはテロリズムの防止、国境の警備・管理、出入国管理と税関業務、サイバーセキュリティ、防災・災害対策などを行う米国の行政機関である。

今回の出資はDHSの科学技術局(S&T)が取り組んでいるシリコンバレーイノベーションプログラム(SVIP)の一環として、米国税関国境警備局(CBP)、米国市民権移民局(USCIS)、DHSプライバシーオフィス(PRIV)のライセンス・証明書の偽造防止に関する業務について再募集を行ったものである。

SVIPのテクニカルディレクターであるアニル・ジョン(Anil John)氏によると、今回の募集では世界中から80社以上の応募があったようで「選ばれた企業は、問題に対する革新的なソリューションを提案し、World Wide Web Consortium (W3C) のグローバル標準を使用した技術的な相互運用性への確固たるコミットメントを示し、最終的なソリューションを商業化するための具体的な計画を提供してくれました(一部略)」と述べている。

今回選出された5社はニュージーランド拠点のMATTR Limited(20万ドル獲得、USCISの電子発行および電子認証システムの処理能力向上に取り組む)米ノースカロライナ州拠点のMesur IO, Inc.(193,612ドル獲得、CBPの食品サプライチェーンの透明性の向上へ取り組む)ドイツ拠点のSpherity GmbH(145,000ドル獲得、CBPの消費者への直接電子商取引出荷のサプライチェーントレーサビリティを強化する取り組み)カナダ拠点のSecureKey Technologies(193,000ドル獲得、社会保障番号(SSN)の代替となる身分証明システムの構築支援を行う、以前よりSVIPに選定されている企業である)同じくカナダ拠点のMavennet Systems, Inc.(86,100ドル獲得、カナダと米国間の天然ガスサプライチェーンのトレーサビリティ強化への取り組み、以前よりSVIPに選定されている企業である)となっている。

編集:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Kateryna-Bereziuk・Rawpixel)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道